「未分類」の記事一覧

クラリスロマイシンはこちらの通販サイトで購入することができます。

クラリスロマイシンは空詩堂という通販サイトで購入することができます。

空詩堂
サイトURL:https://www.sorashido.com/

商品外観:

商品名: クラリスロマイシン錠200mg「サワイ」:10錠×2シート(20錠)
販売価格:2,790円(送料込、消費税なし)
在庫場所 シンガポール
製造元:沢井製薬 株式会社
販売元:沢井製薬 株式会社

>>クラリスロマイシンの購入はこちら




目の角膜に傷がついた時にクラビットの点眼薬を使用しました。

抗生物質クラビットは、細菌などのDNA複製を阻害し、細菌の繁殖を防ぎ、殺菌作用に効果のある薬です。

形状としては、口から入れる服薬錠と、私が使ったような点眼薬があります。

一般的に用いられる症状としては、皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられます。

私の場合は、角膜にどういう理由かわかりませんが傷がつき、そこから菌が入って、目がひどく充血し、かつ痛くてコンタクトが入れられない、という症状でした。

そこで眼科医が処方してくれたものとして、角膜を修復する経口薬と、このクラビットの点眼薬がありました。

錠剤のほうが1日に2回飲むように決められていましたが、クラビットは1日に何回点眼してもいいということでしたので、早く治したいと思い、気が付いたら点眼をしていました。

殺菌ということと、目に傷が入っている、ということから、点眼したらひどくしみるような懸念がありましたが、しみることはほとんどありませんでした。

ですので、抵抗なく点眼することができました。

副作用としては、発熱や嘔吐など結構強いものがあるということで、もしもそれが出たらすぐに点眼を止めて、病院に来るようにと言われていましたが、全くそのような副作用もありませんでした。

そして結局、眼科医に行きながら1か月ほどクラビットを使い続け、最終的に眼科医に行ったところ、もう十分に角膜は再生されたとお墨付きをもらったので、クラビットからもおさらばしました。

(北海道 山の小人さん)

>>クラビット点眼液の購入はこちら




ものもらいの時にクラビットの目薬にはよくお世話になります。

クラビットはニューキノロン系の抗生物質です。

「クラビット」という名前は商品名で、薬の一般名はレボフロキサシンといいます。

作用機序ですが、細菌のDNAの複製を阻害することで、抗菌効果を発揮します。

かなり堅い言い方でしたが、要するに、「細菌がDNAをつくれない→細菌が増えない→病気が治る」ということです。

ニューキノロン系の抗生物質は、抗菌スペクトラムが広く・・・つまり、いろいろな細菌に効果があるということ・・・、特にこのレボフロキサシンは組織への移行がすぐれているので、飲み薬では治りにくかった感染症にも効果があります。

クラビットとと一口にいっても、飲み薬である錠剤や細粒の他に、点眼薬があります。

私は今までに、クラビットの飲み薬には出会ったことがありません。

といっても、大人になってからの話です。

ひょっとすると、子供のころマイコプラズマ肺炎にかかっているので、知らない間に飲んでいたかもしれませんが(^-^;

まあ、要は大人になってから、そんなニューキノロンなどを飲まなくてはならない厄介な病気にはなっていないということです。

こんな私ですが、点眼薬つまり目薬には、ほんとうにお世話になってます。

なんででしょう・・・、よく、ものもらいになるんですよね。

コンタクトをしているので、結膜炎も多いです?

眼科に行くと、決まってクラビット。

今までに何本処方されたかな?という感じです。

効果は、、、本当に良く効きます!!

ひどいものもらいや結膜炎でも、すぐにメヤニが落ち着いて、二、三日で良くなります。

クラビット様様ですね。

(岡山県 りりさん)

>>クラビットの目薬の購入はこちら




親知らずの痛みを和らげる為抗生物質を処方されました。

先日、また親知らずのせいで歯茎が腫れ、痛みが伴い、口をまともに大きく開けることもできず、翌朝すぐに歯医者さんへ行きました。

半年くらい前からたまーに痛み、数日経つと元通りに戻ると言う状況を二、三度繰り返し、痛みで歯医者さんへ実際に行ったのはこの間が初めてでした。

歯医者さんでは、「歯茎が腫れていて、口も大きく開かないので今日は抗生物質を処方するので、様子をみてください。

来週また来てくださいね」と言われ、処方された抗生物質は「メトロニダゾール」の400ミリグラムで、1にち3回、食事と一緒か食後に飲むよう書いてありました。
3日程経った頃、体調に変化が現れました。

具合が悪く、吐き気が続き、常に気持ちが悪い状態が続きました。

それから2日経ったところで、もしや副作用?と思い、歯医者さんへ電話して確認をしたところ「多くはないけど、同じような症状を聞いたことがある。

腫れが収まって、痛みもないなら薬の摂取をやめても良い」とアドバイスをもらい、飲まなくなったところで、体調が次第に元に戻りました。

私が処方されたメトロニダゾールは、タブレット状で、タブレットには「A」という文字と、「321」という数字が書かれていて、結構大きいサイズのタブレットです。

製造会社は「ALMUS」という会社で、薬を飲んでいる間はアルコールは極力避けるように注意書きもありました。

取り扱い説明書には、私が経験した副作用も書かれてあり、歯医者さんが言った通り、「多くはない例」として記載されていました。

現在、海外に移住し2年半ですが、こちらの薬は私の体には強力過ぎるようで、何度か副作用でお医者さんにお世話になったこともあります。

ひどかったのは逆流性胃腸炎にまでなりました。

今回も処方してもらう前にその旨を伝えるべきだった。

と反省しています。

(海外 サイドエフェクトさん)




ピロリ菌除菌にクラリスロマイシンを使いました

人間ドックでオプションをつけて胃カメラ検査をしてもらいました。

普段からちょっとしたストレスで胃がキリキリと痛むのが気になっていたのです。

その結果、萎縮性胃炎があることが分かりました。

萎縮性胃炎は、放置をしておくと悪化する可能性があり、最悪の場合、胃がんを発症しやすくなるのだと先生から言われました。

怖くなり、この萎縮性胃炎を治す方法はないのか?と相談したところ、ピロリ菌を除去すればこれ以上悪化することはないだろうとのことでした。

早速、除菌治療をお願いすることにしました。

除菌治療はとても簡単な方法でした。

朝と晩の食後にクラリスロマイシンという抗生剤や胃薬など決められた薬を服用するだけです。

服用期間は一週間ですが、一回だけでも飲み忘れてしまうと除菌に失敗してしまう可能性が高まるため、これだけは注意が必要です。

服用時間は、朝食・夕飯の後とのことで厳密な時間は決められていません。

但し、一日2回の服用と決まっているため、私は12時間空けて飲むことにしました。

朝食が7時なので、夕飯も7時に食べて、その後に服用するようにしたのです。

クラリスロマイシンは、耐性菌を持っている人がいて、そのような場合はピロリ菌除菌がうまくゆかないケースもあります。

私の場合は、耐性菌がなかったようで、クラリスロマイシンを用いた一次除菌で、ピロリ菌を除菌することが出来ました。

その後、胃痛もなくなり、萎縮性胃炎も改善し、除菌して本当に良かったと思います。

クラリスロマイシンを使用したピロリ菌除菌治療でピロリ菌の除菌に成功するのは、約7割程度の患者なのだそうです。

もし、除菌に失敗してもまだ他の抗生剤を使って二次除菌する方法があるので、一次除菌に失敗しても落ち込む必要はありません。

二次除菌に用いる抗生剤は、メトロニダゾールなどですがこれは耐性菌を持っている人が少ないため、殆どの人が除菌に成功するそうです。

但し、いずれの抗生剤も服用中は飲酒をしないことが大切です。

(千葉県柏市 ピロリンさん)

>>クラリスロマイシンの購入はこちら




事故で怪我した右手が化膿してきたので抗生物質を処方してもらった

私が自転車に乗ってる時に転倒し、その時に右手のひらに大きな傷が出来てしまったんですが、これが化膿をしたので抗生物質を処方して治療してもらったことがあります。

普通に住宅街の道を自転車で走っていたんですが、前を歩いてる小学生が急に私の進路を妨害する形で飛び出してきたので慌ててよけようとした結果転倒し、その時に地面に強く打った右手の手のひらに直径1,5cm程度の円形の傷が出来ました。

手のひらの中の肉が見えるぐらいだったので結構深い裂傷だったと思いますが、最初は傷口の汚れを水で流してバンドエイドを貼っただけですませんたんですが、これがまずかったようです。

傷は全然治らず、そのうち傷口から膿のようなものが出てきたのでこれはダメだと思って近所の診療所で見てもらいました。

お医者さんの話によると傷口が化膿してるってことで抗生物質と胃薬の処方と傷口の消毒、ガーゼと包帯でテーピングしてもらいました。

抗生物質の名前はマイシンだったと思います。
抗生物質を飲むと胃が荒れるってことで胃腸薬はかならず一緒に飲むようにって言われたました。

この言いつけをキチンと守ったからか抗生物質による副作用は特に感じられませんでした。

傷口も最初の頃は緑色の膿がジュクジュク出てきていたんですが、三日目ぐらいになるとかなり治ってきて、ほぼ膿は出てこないぐらいまで回復しました。

一週間後ぐらいになると傷口のカサブタもしっかり出来てきて、この頃にはもらった抗生物質は切れていたんですが結局そのまま普通に傷となって治りました。

幸い抗生物質の副作用をまったく感じずに治療できてしまったので良いイメージしか私にはないのですが、お医者様が必要だと判断して処方してくれたのなら気にせずに服用しようと思ってます。

(和歌山県和歌山市 ペンネーム:大往生さん)




抗生剤パルドマイシンの副作用で胃がやれてしまいました。

丁度季節の変わり目に差し掛かったころ、喉が痛くなり、風邪っぽい症状が出てきたため、病院で風邪薬をもらおうと思い、受診しました。

医師の診断の結果、気管支炎という診断が下ったため、飲み薬と即効性の高い注射を打って帰宅しました。

内服には抗生剤と胃薬、炎症症状を抑えるための薬など、数種類は言ってしましたが、余計な薬を飲みたくなかったため、いけないとは思いましたが、薬の説明を見ながら、自己判断で必要なさそうな薬を省いて服用してしまいました。

その時に飲んだ薬は菌を殺すための抗生剤のパルドマイシン、そして喉の痛みを抑えるための鎮痛剤のみで、それ以外は飲まなくても大丈夫だろうと思い、飲みませんでした。

そして説明には空腹時は避ける様にと書いてありましたが、食事をとる時間もなかったため、空腹状態で服用してしまったのが最悪の結果を起こしてしまったのです。

服用して30分くらいしたころでしょうか、急激に吐き気を催し、胃がいたくなり、トイレに走りこみました。

吐き気は抑えきれず、戻してしまいましたが、これは抗生剤の副作用で胃がやられてしまったのが原因でした。

この副作用を起こらないように胃薬と注意書きが書いてあったのだと気づいたころには遅く、勝手な判断で飲まなかったことを後悔しました。

その後はしっかり用法を守り、薬を飲みました、一週間飲み切ったときにはすっかり喉の痛みも風邪の症状もおさまり、元通りの体調に戻ることができ、一安心しました。

病院で処方される薬はもちろんのこと、薬局などで売られている薬の注意がきにも用法や容量は守りましょうと書いてあります。

守らないとどうなってしまうのかを身をもって体験できたと同時に、独断でバカなことをしてしまったと後悔しました。

(愛知県 みいさん)




マイコプラズマ肺炎にかかりミノサイクリン系の抗生物質で治しました。

冬の近づいたある日、部屋の片づけをしていて酷い寒気に襲われました。

もしやと思って近医で診てもらったら肺炎と診断されました。

その2週間ほど前に家人がマイコプラズマ肺炎にかかっていたので同じ病気と見てほぼ間違いないだろうと言われました。

風邪の時に出されるような薬を出され、数日飲み続けたのですが全く効果が見られず、次にジスマロックという抗生物質を出されました。

これが酷い副作用で飲むたびに酷い下痢に悩まされ結局飲む事を中止し、別の病院へかかる事にしました。

別の病院では予め家人に出されていた薬の種類(ミノサイクリン系)を伝え、その薬と同じ薬を出してくれとお願いしました。

お医者様にそういうお願いをするのは失礼かもしれませんが、その頃には肺炎も酷くなっていたのか声もろくに出せず歩くだけでゼイゼイしてしまっていたので背に腹は代えられません。

結局、同じミノサイクリン系の薬を処方してもらいました。

普段ならばすぐに飲むような事はしないのですが一刻も早く治したかったので、車に乗ってすぐにその薬を服用しました。

恐らく時間的にはお昼の12時前後だったでしょうか。

その後、自宅でしばらく安静にしていました。

相変わらずだるさも治まらず、夜も早めに休み次の日もややだるいまま家事を続けていたのですがお昼頃でしょうか、急に体が楽になったように感じました。

気のせいかなと思って家事を済ませた後またしばらく横になっていたのですが、やはり昨日までとは何かが違うように感じて熱を計ると37度前後まで下がっていました。

ようやく菌に対して効果のある抗生物質にたどり着いた感じがしてホッとしたのを覚えています。

抗生物質は色々と言われていますが、きちんと効果のある薬を正しい量を正しい期間飲めば病気に対して画期的なお薬である事は間違いありません。

ただ、お医者様でも新しい効果などであった場合は知らない事があります。

お医者様任せにしないで自分でも治すために調べる必要がある事も知っておいた方がいかもしれません。

(埼玉県比企郡滑川町  hanahanaさん)




日本人は気をつけて!?海外での抗生物質の投与量ー

これから海外旅行に行かれる方や海外での生活をお考えの方にはぜひ気をつけていただきたいのですが、私自身海外の抗生物質を服用してとんでもない目にあったことがあります。

罹った病気は単なる胃腸炎でした。

風邪の少しひどいバージョンとでもいう感じでそれ程重症ではなかったと思います。

熱が出て食欲が随分と落ちました。

私は海外に住んでいるのでかかりつけのお医者さんに診てもらい抗生物質を処方してもらいました。

名前は日本での製品名と違うのかネットで検索してもあまり情報が出てきませんでしたが、セフェム系というよく使わわれるお薬だそうです。

1日3回錠剤を飲むタイプでした。

通常であれば5日間くらい服用して改善に向かうのですが、私の場合は一向に良くならない…それだけならまだしも逆に悪化してしまったのです。

それからというもの体の体調がすこぶる悪くなり、体のだるさ、熱が一向によくなりません。

病院に行って更に強い抗生物質を処方してもらいました。

ところがです。

症状がまたさらに悪化…原因不明の病にでも罹ったのではないかとこの時ばかりは自分の命の危険も少し感じたほどです。

3か月過ぎたところで今度は大病院で診てもらい、専門の看護婦さんとお話ししたところ、「あなたの小さな体には過剰すぎる抗生物質が処方されてしまったのです」と説明を受けました。

西洋人と日本人ではアルコールの代謝の具合も違うように、体のつくりが全く違いますよね。

私が投与された抗生物質は西洋人の体に合わせた投与量。

でも私たちのような体の小さいアジア人には適切な量でなかったようです。

結局この後1年以上日和見感染のような状態になってしまい、回復するまで2年かかりました。

西洋の国でこのような投与のある場合は気を付けてくださいね。

(海外、チーコさん)




扁桃腺の膿に治療にクラビットを服用し、副作用で味覚障害に

扁桃腺が膿んでいて、眠れないほどに喉が痛かったので病院に行きました。

特に扁桃炎とも言われず、風邪ですねということで抗生剤を処方されましたが、喉が痛いのはもちろん辛く、薬に頼ることを当たり前のように考えていたのですが、なんと初めて薬の副作用が出ました。

細菌による感染症の治療に使用される「クラビット」という抗生物質です。

クラビットの副作用の説明って、薬剤師さんからもさらりと教えて頂きますし、詳細を調べればすぐに見ることができますが、
頭痛、
呼吸困難、
顔面蒼白、
悪寒や紅斑、
皮膚・粘膜障害、
めまい、
けいれん、
重い不整脈、
肝臓・腎臓の重い症状、
下痢、
吐き気、
とかなり長々書いてあり、それらをすべて鵜呑みにしていたら毒じゃないのかと思うほどなんですよね。

どんな薬でも、副作用の可能性のところには長々と説明文が書いてありますが、それでも小さなころからずっと、処方された薬を飲んで治してきたわけですから、薬を飲まないという選択肢がなかったんです。

もちろん扁桃腺の腫れはおさまり、治ってよかったなと思いましたが、ふと妙な違和感に気付いたんです。

それが、「何気なく買った炭酸オレンジジュースがものすごく苦い」ということです。

新発売のジュースだったので、ビターな大人の味なのかな?とも思いましたが、その数分後に同僚からもらったお土産のクッキーをかじったとき、そのあまりの苦さにすべてを悟りました。

味覚がおかしい、甘いものが苦く、しょっぱいものがすっぱい。

かなり辛い副作用で、なんせ毎日3食+間食していたものがすべておかしな味になっているわけですから、亜鉛を摂取すれば治ると聞いても泣きそうでした。

とにかく味がおかしくても亜鉛が多く含まれている食材を食べまくって1週間程度で副作用の味覚障害は治りましたが、その1週間はとても長かったです。

味覚障害は放置すると治りにくくなってしまうそうなので、安易に抗生物質を飲んでしまう方は、誰にでも副作用の可能性があるということを、頭の隅に置いておくといいですね。

(福島県いわき市 HN:こまめさん)

>>クラビットの購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ