「頭皮湿疹」の記事一覧

頭皮湿疹が悪化して抗生物質ミノマイシンを処方してもらいました。

頭皮湿疹が悪化して抗生物質のミノマイシンを処方してもらったことがあります。

もともと乾癬という皮膚病を持っており、顔の鼻翼やTゾーンに赤い炎症がよく生じていて、自分でも肌が弱い、敏感肌とという自覚はしていたんですが、その関係かたまに頭皮湿疹という頭皮に出来る肌トラブルに悩まされていました。

頭皮湿疹というのは文字通り頭皮に出来る湿疹なんですが、これが出来ると頭皮にかゆみが出来たり、かいたりひどくなると頭皮を軽く触ったりしただけで白いフケが大量に落ちてくるんです。

最初これになった時気づかずにいて治療が遅れたことがあるんですが、その時かなり毛が抜けたのでそれ以来自分でたまに頭皮を軽くさわって頭皮湿疹が出来ていないか(軽く触っただけでもフケが落ちてくるので頭皮湿疹が出来てると自分でもすぐわかる)確認するようにしてたんですが、今回出来た頭皮湿疹の症状がものすごく悪化してしまttんです。

今まではステロイドの入った塗り薬を頭皮に直接つけると2,3日で改善し、一週間もすれば完治してたんですが今回は全然治らず、頭皮がかゆいからつい掻いてしまった結果頭皮から体液のようなものが出るようになりました。

量も結構多くて、普通に寝てると枕が体液でシミが出来て色が変わったり、髪の毛に体液が染み付いてパリパリになったりと今までの頭皮湿疹とは別物になり、慌てて皮膚科に行きました。

皮膚科に行くと普段使ってるよりもステロイドが強めの塗り薬と抗生物質を一週間分出してもらいました(一日2回x一週間分で14錠)。

抗生物質はミノマイシンというものですが、効果はその日からわかりました。

その日で体液が止まるってほどの効果ではなかったんですが、明らかに体液の量が減っており、三日目ぐらいには体液が出るものの枕にシミが出来ないぐらいまで減りました。

体液が出ないようになったのは六日目ぐらいでしたが一週間分処方された分は飲みました。

飲みきってから一週間ぐらいたっても体液が出てくることはなく、頭皮湿疹も治りました。

塗り薬だけだと悪化する一方だったと思うので抗生物質の力はすごいなあと感心しました。

(和歌山県和歌山市 なかやまっちさん)

>>ミノマイシンはこちらから購入することができます。




サブコンテンツ

このページの先頭へ