「膀胱炎」の記事一覧

クラビット錠ジェネリックを海外の通販サイトから購入してみました。

クラビット錠を海外からの通販サイトから買った理由は膀胱炎にかかったからです。

私は年に数回、仕事が忙しくて、疲れがたまったときに、膀胱炎にかかります。

仕事が忙しくて、病院に行く時間がとれないので、膀胱炎にかかると市販の薬を購入して、治していました。

しかし、市販の薬は病院で処方される抗生物質に比べて効き目がおだやかで、すぐに効かないことがあったりします。

最近、知り合いの方から抗生物質のクラビット錠のジェネリック品(ニューキノロン系合成抗菌薬レボフロキサシン)を海外から購入しているのを聞きました。

なぜ、クラビット錠を海外から購入しているか聞くと、

海外からの個人輸入だと、病気になる前に前もって、クラビットを購入しておくことができ、違和感を感じたら、すぐに服用することができる。

病院に行く時間、病院で待つ時間などと比べ、短い時間で簡単に購入することできること。

海外のクrビット錠ジェネリックは為替で値段が変わりますが、市販薬と比べて格安で購入できることだそうです。

さっそく、私も購入してみました。

注文して、一週間ぐらいで届きました。

こんな箱に入っています。
クラビット錠の箱

こんな紙のケースに入っていました。

ビニールでシールとかされてなくて、セロテープでとまっていました。

隙間が空いていて、ちょっと安っぽい感じがしました。
箱の隙間

有効期限などは箱の裏に書かれていました。
箱の裏

箱の中には10個入りのシートが10枚入っていました。

クラビットの箱の中

箱の中にはこんなシートが10枚入っていました。

クラビットシート

>>クラビットジェネリックの購入先はこちら




つらい膀胱炎は抗生物質のクラビットで治しました。

女性なら1度は膀胱炎になったことがあるのではないでしょうか。

膀胱炎はとてもつらい病気の一つです。

また、きちんと治しておかないと大変危険でもあります。

私もこれまで何度か、膀胱炎になったことがあります。

比較的軽い時もあれば、重い時もありました。

膀胱炎になってしまったのではないかと感じた場合は、すぐに病院に行き、検査を受けて処方された薬を服用するのが一番だと思います。

しかし、今では市販の薬やサプリメントでも、膀胱炎の症状を抑える効果のあるものもあるようです。

私が膀胱炎になると、症状の重い、軽いは関係なくいつも処方されている薬は「クラビット」です。

かかりつけ以外の病院でも、同じものが処方されたことがあります。この「クラビット」を5日分服用します。

また、医者から念をおして言われるのが「膀胱炎の症状が改善されたと感じても、最後まで服用すること」です。

このクラビットをしっかり服用することによって、菌を排出させます。

このクラビットは、一回でも服用すると膀胱炎の症状が軽減されます。

一日分だけでもかなり楽になり、それまでの苦痛から解放されます。

その後2日、3日とどんどん回復し、うっかりするとクラビットを服用し忘れてしまいそうにもなります。

最後まで服用し、後日再検査をするとすっかり菌はなくなっています。

普段から膀胱炎にならないよう気を付けてはいますが、どうしてもなってしまった時は、このクラビットを服用するのが一番かと思っています。

何度も、膀胱炎になる方は、常備薬としてクラビットを持っておくといいと思います。

クラビットのジェネリック品が海外からの個人輸入で格安で購入できます。

ジェネリックのレボクイン250mgという医薬品なら100錠で2,952円(送料込み)で購入することができます。

膀胱炎の症状を少しでも感じたら、早めにクラビットを服用して、軽い膀胱炎のうちに治してしまうのがいいかと思います。
(東京都 もなさん)

>>レボクインの購入はこちら



抗生剤クラビットで膀胱炎を治しました。

都内在住の20代会社員女性です。

以前、仕事中は絶えず動き回り、なかなかお手洗いに行く時間がとれない日が続いていました。

そのため意識的にあまり水分をとらず、1日でお手洗いに行く回数は4~5回ほどでした。

そんなあるとき、お小水をしていると、排尿時の痛みがあるような気がしたんです。

あれ?痛いな…と思っても、特に気にせずなにも対策しませんでした。

そして翌日、排尿時痛はさらに増し、驚くほど残尿感と切迫感がでてきたのです。

お手洗いに行っても5分後にはむずむずし、またお手洗いに行く…といった状況でした。

さすがにまずいと思い、泌尿器科にかかると「典型的な膀胱炎です」とのこと。

医師から1週間分の「クラビット」という抗生剤を処方されました。

クラビットを飲んだ当日は特に変わりなく、排尿時痛と少量ですが血尿、それと残尿感にひたすら耐えていました。

しかし次の日、うそのように排尿時痛はなくなり、残尿感もだんだん減っていったんです。

医師からは1週間分のクラビットをすべて飲み切ってくださいと指示されましたが、膀胱炎の症状は3日目ほどで完全になくなりました。

抗生剤の威力には本当に感心しました。

市販にも膀胱炎に効くお薬やサプリメントが販売されているようですが、わたしが利用したクラビットは医師からの処方でしか利用することができません。

それでも効果はてき面でした!予防が一番大事ですが、つらい膀胱炎の症状がでたら早めに対策することをおすすめします。

(東京都 うたさん)

>>クラビットの購入はこちら




大腸菌による膀胱炎にかかりクラビット500で治療しました。

私はコーヒーが大好きでよく飲みます。

しかし仕事中や車での移動中はトイレに行きにくいので、我慢していました。

そしてついにトイレを我慢しすぎたために膀胱炎になってしまいました。

膀胱炎は排尿するときに痛みを感じたり、尿が濁る病気です。

仕事の疲れからか、身体の免疫力が落ち、ついに膀胱炎になったようです。

(医者によると膀胱炎は風邪を引いているときに発症することがあるそうです。)

有給休暇を取得して、病院に行き、抗生物質(抗生剤)であるクラビット500を処方してもらいました。

それから医者には水分を多く摂るように言われました。

(ただし尿路が充血してしまうから、お酒は禁止です)

これは膀胱内の細菌を洗い流すことができるからだそうです。

膀胱炎は放置しておくと急性腎盂腎炎も発症してしまいますから、症状が出たらすぐに病院に行くべきです。

嬉しいことにクラビット500を服用してからたったの3日目で痛みは完全になくなりました。

しかし5日分処方されていたので、飲みきる必要があります。

抗生物質は用量、回数を守らなければなりません。

これは短期間で症状が無くなったとしても、まだ細菌は全滅していないからです。

細菌を倒しきっていないのに薬を途中で飲むのを止めてしまうと、倒されていない細菌、弱った細菌がその抗生物質を学習してしまい、次からは薬が効かなる「耐性菌」に変質してしまいます。

だからお医者さんは細菌を倒しきるために「薬はすべて飲みきってね」と言うのです。

これは自分のためでも、他人のためでもあります。

いざ細菌による病気になったときに、抗生物質が効かなければ、大変なことになります。

耐性菌をつくらないように、抗生物質はすべて飲みきりましょう。

いざというときのためにと抗生物質を使いきらずに残しておいてもほとんど意味はありません。

(抗生物質は大きく分けて6種類あるからです。

抗生物質は万能ではありませんから、勿体無いからと使わないで取っておいても他の病気には効きません。)

(兵庫県神戸市 田中優さん)

>>クラビット500はこちらからも購入できます。




クラビット500で膀胱炎の熱が下がりました

「膀胱炎です。それもかなり重症ですよ」

昨年冬、38度もの熱が出ました。

時期的にインフルエンザか?と思い駆け込んだ病院で、インフルエンザ検査と一緒に尿検査も受け、医者から言われた言葉が膀胱炎です。

まさか膀胱炎で熱が出るなんて。晴天の霹靂でした。

かなり重症と医者は言ってましたが、全く自覚症状がありませんでした。

よく聞く、下腹部の痛みもなく、トイレの時に痛いわけでもなく、残尿感もありません。

強いて言えば、寒くてトイレに行くのを我慢していたのと、汗をかかないので水分をあまり摂っていなかったことでしょうか。

膀胱炎と知らずに、安易に市販の解熱剤を飲まなくて良かったです。

知らず知らずに膀胱炎が悪化して、腎盂炎になったら大変ですから。

病院で処方されたのはクラビット500という薬です。

クラビットには殺菌作用があるのだそうで、5日分袋に入っていました。

1日1回飲めば良いそうです。

さっそくその日から、クラビットを飲み始めました。

膀胱炎の症状はなかったものの、意識して水分を取り、我慢せずにトイレに行くよう心がけました。

クラビットの副作用として、吐き気などがあるらしいですが、幸いなことに、そういう副作用の症状は出ませんでした。

膀胱炎の熱はあくる日には平熱に戻りました。

(富山県 さるさるさん)

>>クラビット500はこちらからも購入できます。




排尿中にムズムズ。尿道に違和感を感じて、膀胱炎かなと思ったらクラビットを処方してもらっています。

わたしは看護師をしていました。

病棟の勤務はとても忙しく、入院や退院が重なると休憩をとることもできないほどです。

トイレに行きたいなと思ってもそのタイミングでナースコールが鳴ったりして、トイレに行くタイミングを逃すことがあるほどでした。

そんな時に必ずなるのが膀胱炎です。

私にとっては膀胱炎は職業病といってもいいほどでした。

もうなるとわかるのです。

はじめにトイレにいってなんだが排尿中にムズムズして、違和感を感じます。

そして排尿の最後に痛みがくる、そして残尿感があるという症状があるとこれはもう確実に膀胱炎です。

それ以上になると今度は血尿が出てしまうことも分かっていたので、私は、いつも膀胱炎症状があると病院を早めに訪れ、クラビットを処方を受けていました。

その点では病院で働いているとすぐに処方を受けることができたので、良かったですね。

クラビットは病院でもよく用いられる薬ですし、私もよく効く薬なので愛用しています。

膀胱炎かなと思った時点で飲み始めると、症状がひどくならないうちに症状が改善するのでとても助かっています。

あとは水分をしっかりとって綺麗な排尿を心掛けるだけです。

ただこの薬は少し高いなという印象があります。

3割負担の費用なので支払うことはできますが、ジェネリック医薬品やほかの抗菌剤に比べても、少し高いなという印象があります。

でもよく効く薬ですし、体質にも合っていると思うので、薬を変えるつもりはありません。

膀胱炎にはやはりクラビットを内服してきたいと思っています。

(マレーシア、ひろさん)

>>クラビットはこちらから購入できます。




軽い膀胱炎治療にクラビット錠が効きました。

私は第三子を妊娠してから膀胱炎になりやすくなりました。

ある時に下腹部痛を感じ、下腹部だからと思い婦人科で診察を受けると軽い膀胱炎だと診断され、抗生物質を飲むように言われました。

軽いものだから一日一回昼食後に服用するクラビット錠500mgを二日分で効果があるだろうということで病院でお薬をもらいました。

薬について自宅のパソコンで調べてみると色々と怖いことも書いていましたが、病院で頂いたのだから大丈夫だろうとさっそく頂いた薬を服用しましたが、一日目はさほど効果を感じませんでした。

鈍痛は続き、本当に二日分だけで完治するのか不安でしたが、二日目にはすっかり鈍痛は治まっていました。

抗生物質は症状がなくなっても出された分きちんと飲まないといけないと聞いていたので、二日目も抗生物質を服用しました。

膀胱炎といっても私が感じる症状は腹痛だけだったので、二日目からはもうすっかり普通通りでした。

本当に軽いものだったようです。

一応薬剤師の方からの説明で副作用についてきいていましたが、副作用はとくにありませんでした。

それからもトイレを我慢したりするとまた同じ症状に悩まされ病院に行くことになり抗生物質を服用してきましたが、すぐに症状は良くなるし副作用もないので特に不満もありません。

(東京都 さやかさん)

>>クラビットはこちらから購入できます。




膀胱炎の予防のためにDHCのクランベリーエキスを飲んでいます。

以前に一度膀胱炎になったことがあります。

その時は病院へ行ってクラビットという抗生物質を処方されました。

やっぱり泌尿器科の受診には抵抗がありましたが、背に腹はかえられないと思い、意を決して行きました。

病院の対応が悪かったというわけではないのですが、やっぱり恥ずかしい…ので二度と膀胱炎にはなりたくない!と思い、予防の意味をこめてDHCのクランベリーエキスを飲むようにしています。

クランベリーエキスを飲んでいると、トイレに行ったあとの不快感はなく、スッキリするように感じます。

薬を飲むよりはクランベリーのサプリの方が体にもよさそうと思って、続けています。

クランベリーはブルーベリーよりもポリフェノールや栄養素が優れている部分もあるらしく、肌もつやっとしてきたような気がしてうれしいです。

ベリー系の食べ物を摂取しようとすると、冷凍のものだったりジャムだったりすることが多いので、食べ過ぎるとカロリーが気になってしまいます。

クランベリーのサプリだと1日5粒くらいだったので、カロリーを気にせずいられます。

クランベリーサプリの値段もそんなに高くないのでお財布にもやさしいですね。

膀胱炎は1度なるとくせになってしまうみたいなので、普段の生活も見直しながらクランベリーのサプリで予防していきたいと思います。

(埼玉県 ぬいさん)

>>クランベリーサプリメントの購入はこちら




膀胱炎で抗生物質(クラビット)を飲んで治しました。

私は小さいころから膀胱炎になりやすくて、そのたびに病院に行ったりしました。

ちゃんと水分をとって、尿を出すようにしたのですが、それでも治らない場合は病院に行くことにしていました。

排尿痛があったり、残尿感もあったり、酷い時には血尿も出たことがあります。

私は病院に行ってみてもらうと、クラビットという抗生物質を処方されることが多かったです。

最初は抗生物質に抵抗がありましたが、薬を飲みきるまでは必ず飲み終えてくださいといつも説明がありました。

抗生物質はいつも五日分ほど処方されました。

このクラビットを内服するとだんだんと膀胱炎の症状も良くなってくるので、抗生物質は効果的な薬なんだなぁと思っていました。

抗生物質は細菌を殺す働きがあるので、膀胱炎の他にも感染症にかかったときにはよく処方される薬です。

私は特に副作用には悩まなかったのですが、たまに下痢になることもありました。

抗生物質を薬剤師からもらうときに副作用の説明はありました。

もっと酷い人だと、湿疹やかゆみのアレルギー反応が出てしまう人もいるそうです。

他にはめまい、頭痛、吐き気、嘔吐なども副作用にあるそうです。

薬の合う合わないは人によってあると思うので、何か不安なことがあったら医師に相談をするのがいいと思います。

私は他の病気でも何度も抗生物質を処方されて内服していますが、抗生物質はとても良く効くお薬だと思っています。

いろいろな方に、いろいろな症状に抗生物質は処方されると思いますが、安心して飲んでいいと思います。

抗生物質を飲むと症状も早く治りますし、体を休めると更によくなっていきます。

抗生物質を処方されたら、飲み忘れのないようにちゃんと飲みきって症状を少しでも早く治した方がいいと思います。

(茨城県、ゆきりんごさん)




急性膀胱炎をクラビットで治しました。

年度末でものすごく忙しい日々が続いた時に膀胱炎に罹ってしまいました。

最初は排尿時にしみるような痛みがするくらいだったので、片づけなければならない仕事も満載だったこともあり、我慢していました。

しかし、その日の夜には血尿が出て、膀胱におしっこを貯めるのを拒絶するかのような残尿感に襲われました。

その晩は一睡もできず、そのうち熱が出てきてしまい、自然治癒は諦めて職場近くの泌尿器科を受診しました。

初めての泌尿器科でしたが、検査後すぐに「膀胱炎だねぇ」と医師に言われ、熱も出ていたのでお尻に抗生物質を注射!

生まれて初めての泌尿器科で、これまた生まれて初めて尻に注射を打たれてしまいました。

何で腕じゃダメなの?

生き恥をさらしたものの、これで治るならと腹をくくりましたよ。

薬が処方されて、薬局に行くとクラビットと頓服の消炎鎮痛剤が処方されました。

クラビットはニューキロノン系の抗生物質なので、膀胱炎の原因のトップである大腸菌に良く効く薬です。

処方されたのは1日3回で5日分でした。

その代わり他の菌の場合はあまり効かないので、これを2~3日飲んで効果がなさそうならもう一度病院へ行くようにと言われました。

その日の昼からクラビットを飲み始めましたが、あの尻注射が効いたのか、熱や垂れ流し状態のおしっこの症状は昼過ぎには良くなりました。

薬を飲み始めてから2日目になると、膀胱への溜まりにくさは全く感じなくなり、排尿したときのしみる感じ位しか症状がなくなりました。

ただ、どの抗生物質を飲んでもお腹の調子が悪くなる私。

以前効果が穏やかな部類の抗生物質であるフロモックスでもお腹の調子が悪くなったので、クラビットはどうかなぁと思っていたのですが。

……案の定クラビットでもお腹の調子が悪くなってきました。

恐らく、腸内細菌が殺菌されてしまって腸内の細菌叢が変化してしまったからだろうなぁと思っています。

下痢はしないのですが、渋り腹というか、腸の中にガスが溜まっているような感じの割に、ガスも便がでないような症状です。

膀胱炎の方は3日目を過ぎたころには自覚症状がなくなりましたが、お腹の調子の悪さで体調はあまり良くありませんでした。

医師の言う通りきちんとクラビットは飲み切りましたが、お腹の調子は薬を飲み終えてから3~4日近く良くなりませんでした。

感染して増殖した細菌を抑えるための抗生物質なので、今回も飲まなかったらきっと敗血症で入院する羽目になっていたことを考えれば、飲まないという選択肢はありませんでした。

ただ、お腹の調子が悪くならないような抗生物質にいまだ出会ったことがないので、多分私の体質的にこういった薬が合わないのかもしれません。

ただクラビット自体は私の罹った膀胱炎にはとても良く効いたようです。

あまり病院に行くこともないので、抗生物質を飲む機会は年に1回あるかないかですが、お腹の調子が悪くなる副作用は、ヨーグルトや発酵食品をむしゃむしゃ食べて乗り切ろうと思います。

(新潟県 ななこさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ