「咳」の記事一覧

気管支炎を治すために抗生剤(クラビット)を服用しました。

風邪をこじらせて気管支の辺りに炎症が起きていそうな自覚症状あり。

「これはまずいかも。」と思って診療所を受診した時に抗生物質のクラビットを処方されたことがあります。

もっとも最初から処方されたわけではありません。

最初は弱めの抗菌剤を処方されたと記憶しています。

最初に処方された抗菌剤の名前は忘れました。

とにかく3日間言われた通りに飲んだものの咳や熱が治まりませんでした。

37度後半の発熱が続きました。

熱冷まシートを貼ったり、寝る時には水枕をしたりしました。

それでも効かない。

3日経って先生に診せに行きました。

その時に処方されたのがクラビットです。

いつも平静な先生の顔に微かな緊張が漂いました。

クラビットは強いお薬なんだなと思いました。

処方は1日3回、朝・昼・夕食後。

クラビットを1日飲んだら、しつこかった発熱が治まってきました。

37度に下がったのです。

翌日には平熱に戻りました。

咳が軽減するのは少し遅かったと記憶しています。

黄色い痰は3日目にも出ました。

でも、クラビットを飲み続けたら、明らかに痰の絡み具合は改善されました。

痰絡みの咳が減ったのです。

指示された通りにクラビットを3日間飲んでから、また受診しました。

熱は平熱に戻り、痰絡みの咳は減っていました。

クラビットの処方はそれで打ち切られました。

クラビットはとても強力な抗菌剤なのだという印象があります。

(熊本県 はなしのぶさん)

>>クラビットの通販サイトはこちら




咳が続くときに効く抗生物質はクラリスロマイシンまたはクラリシッドです。

咳が酷い時に抗生物質(クラリスロマイシン、クラリシッド)で治した時の体験談です。

風邪を引いて喉の痛みと咳が出る症状になりました。

かかりつけの耳鼻科に行って風邪の薬を処方してもらいました。

咳が出ると長引いてなかなか治らないクセがあるので、咳が出るときはいつも同じ抗生物質を処方してもらいます。

それは

クラリスロマイシンまたは

クラリシッドともいう抗生物質です。

白い錠剤でクセのない味なので、飲みやすい抗生物質だと思います。

抗生物質を飲むとつらい咳でも一週間から10日くらいでかなり良くなります。

特に寝ているときに出るしんどい咳にもこの抗生物質(クラリスロマイシン、クラリシッド)は効果があります。

自分の体質にも合っているのだと思いますが、咳が出るときはこの抗生物質を飲むと本当に良く効きます。

抗生物質を飲み続けると、胃腸の具合が悪くなる人が多く、下痢や吐き気の症状が出る人がいます。

特に長く飲み続けると胃腸の具合が悪くなる症状が出る人がいます。

そんな時は胃腸の薬も一緒に処方してもらうといいと思います。

クラリスロマイシンはそれでも比較的副作用の少ない薬だと思います。

咳の症状だけでなく副鼻腔炎の時などにも処方される薬なので、一般的に良く処方される薬だと思います。

抗生物質を多く飲むと耐性菌のことも心配されますが、つらい症状の時は効果的に服用して、早く治した方が体力も消耗しなくてすむので飲むようにしています。

(滋賀県 ヨコさん)

>>クラリスロマイシンの購入はこちら

>>クラリシッドの購入はこちら




フロモックス、メイアクトで治らなかった咳がクラビットで治りました。

自分としてはあまり薬は飲みたくはないほうなのですが、体力があまりないのか睡眠不足や疲れに弱く、よく感染症にかかります。

独身時代は自分なりに疲れをコントロールして病気にならないように工夫していましたが、結婚・出産し子育てをするとなるとそうはいかず。

気を付けていても子どもの病気をもらってしまうこともあり、早く治すべく病院で薬を頂いてきます。

が、

たいていは処方された抗生物質を1週間ほど処方通りに飲めば治るのですが、ときに全く効かないときが!

激しい咳が連日続き、夜ほとんど眠れない状態で困りはて、何回も近くの病院に行き懸命に説明。抗生物質も変えてもらったりしてちゃんと飲んでるんだけど、1週間経ち、2週間経ち・・・。

困り果ててちょっと大きな別の病院に。

そこで出されたのが「クラビット錠」でした。

これまで飲んでいたのは「フロモックス」

「メイアクト」。

すると・・・驚いたことにその後あっという間に咳が改善したのでした。これまでの治らなさが嘘のように。

それまで薬についてあまり作用というか詳しいことを知らなかった(興味が無かった)のですが、この件以来薬について素人の私もちゃんとどんな薬が何に効くのか、どんなふうに効くのかを知っとかなくちゃいけないな、と実感しました。

後で調べてみてわかったことですが、抗生物質は菌の種類によって効く・効かないがあるそうですね!

「フロモックス」と「メイアクト」は同じ系統の薬だったので変えてもらっても効かなかったのか、と知ってみて初めて納得。

お医者さん任せじゃなくて、自分でも少しだけでも抗生物質の特徴を知っておくと便利だな、と思った経験でした。

(神奈川県 ポンちゃんママさん)

>>クラビットの購入はこちら

>>フロモックスの購入はこちら




風邪の治療に抗菌薬であるクラビットを処方されました。

風邪をひいて病院へ行った時に、抗菌薬のクラビットを処方されました。

このクラビットは最近ではまあまあ有名なお薬ですので、わたしも処方されたのは初めてではなかったのですが、体調がほとんど回復してから飲んだらその際に動悸が激しくなってしまったので、飲むタイミングを間違うと良くないようです。

しかし、クラビットは抗菌薬というだけあって、飲み続けるとどんどん、体の中の悪い菌が死んで行くような感じがします。

クラビットを飲み始めるとすぐに、体が免疫力を取り戻していきますし、弱っていた部分がどんどん回復していくので、クラビットという薬の効能については信用しています。

クラビットは風邪の薬としては非常に優秀ですし、熱が出ているときなどにもしっかり効果を発揮してくれるのです。

前回利用したときはインフルエンザだったのですが、インフルエンザの高熱はクラビットを処方されてからすぐに治りましたし、インフルエンザの薬としても非常に優秀だと思います。

(編集部注 この記事は個人の感想です。抗生物質は細菌に効果がありますが、ウイルスには効果がありません。ただし、インフルエンザだけではなく、細菌との合併症を起こしている場合は、抗生物質が処方されることもあります。)

二次感染を防ぐ、という効果もあるようですし、細菌にやられている時にはクラビットが一番いいような気がするので、今後もこのお薬(クラビット)のことは覚えておこうと思います。

ちなみに、このクラビットは病気のときに飲むと効果があるのですが、良くなっている状態で飲んでしまうと逆に咳が止まらなくなったり、胸がどきどきして眠れなくなったりするので気を付けましょう。

わたしは、使い方を間違って何度も眠れない夜を過ごしたので、これから飲むという方には注意してほしいと思います。

(千葉県市川市 ゆっちょさん)

<BR><BR><BR>

気管支炎になりペニシリン系の抗生物質で治しました。

冬の間に風邪を引いてしまって市販薬を飲んで会社を休んでゆっくりしていたのですが思ったように薬の効果がなくて、そのまま風邪をこじらせてしまいました。

咳がどんどんひどく出るようになり病院へ行ったら気管支炎との診断でした。

すぐに処方されたのは抗生物質と痰切りの薬、気管支拡張剤と咳止めに胃薬でした。

抗生剤は一日に3度食後に飲むようにとの指示が出ていましたので診察を受けてから自宅に戻ってすぐに抗生剤とその他の薬を飲みました。

処方されたのはとりあえず5日間でしたので毎日決められた抗生物質を飲んでいました。

抗生物質の名前は思い出せませんが確かペニシリン系の抗生物質だったと思います。

最初の5日間で気管支炎による高熱は無事さがりましたが咳はなかなか抗生物質の効果が出ずに、夜も眠れない日が続いていました。

5日分の抗生物質をすべて飲みきって6日目に再診を受けて、咳があまり収まっていないのでさらに抗生物質を1週間分処方されました。

服薬を始めて1週間たったあたりからやっと咳が少しずつ治り始め、夜もひどい咳で眠れないという症状が改善されてきました。

そしてすべての抗生物質を飲みきったころには、すっかり気管支炎が完治したのでそのまま通院は終了しました。

風邪などは一旦こじらしてしまうと気管支炎などのさらなる重篤な病気へと進んでしまい、そのあとは肺炎にもなりかねないので処方された抗生物質は必ずすべて飲みきることが大切だと思います。

途中で勝手に抗生物質の服用を中止したりすると症状が悪化してしまったりする恐れがあるので気をつけたほうが良いでしょう。

また抗生物質は、どんな種類であれ、空腹に飲むと胃をとても荒らしてしまう可能性があります。

少しでも良いので何か口に入れてから飲むようにすると胃を荒らさずに済みます。

(神奈川県横浜市 くにさん)




咳の風邪に効き目が抜群だった「クラリスロマイシン」

若い頃は、咳の風邪をほとんどひいたことがなかった私が、最近では風邪というと、決まって「咳」が長引いてしまうのです。

親戚でも気管支が弱い人が多々いるので、これは遺伝でしょうか・・。

風邪をひくと、私はいつも同じ病院を受診しています。

しかし、年に数回しか受診しなかったりするため、先生も私の体質を把握していないこともあります。

前回ひどい咳で受診していたとしても、熱が無い場合は「咳止め」を処方するだけという日がありました。

それはそうです、沢山の患者さんをかかえているお医者様ですから、病院に通う回数が少なければ、当然忘れてしまいますよね。

そして、案の定、咳が悪化してしまったことがありました。

こうして、咳の状態が悪くなってくると、さすがの先生も熱がなくても抗生物質を処方してくれるのです。

そんな咳がひどい時に処方されることが多い薬は、「クラリスロマイシン」という抗生物質です。

この抗生物質を服用してから2~3日すると、嘘のように咳が落ち着いてくるのです。

あまりのクラリスロマイシンの効き目に「自力で治ってきたこともあるのかもしれない」と、こう友人に言われたほどです。

しかし、1週間ほどのクラリスロマイシンの服用期間を過ぎて、これでバッチリと思っていた矢先、再び咳が出てきてしまったのです・・・。

そして、再び病院に逆戻りです。

この状態を先生にお話ししたところ、今回はクラリスロマイシンを少し長めに飲んでみようと、こういう結果になったのです。

正直、抗生物質を何週間も服用したことがなかったので、少し不安ではありましたが、自宅に戻ってこのお薬を調べてみると、病気の症状によっては、服用期間が長い場合がある抗生物質であることがわかったのです。

これで一安心した私は、お医者様のご指示通り、このクラリスロマイシンをきちんと服用しました。

すると、徐々に咳が治まってきまして、前回のように、再び咳をぶり返すことはありませんでした!

私達が病気になった時、できることなら薬なしで回復させたいものですよね。

しかし、例え風邪といえども、時には菌の繁殖を防ぐ「抗生物質」の服用が、大変重要であることもあります。

今回は、この「クラリスロマイシン」という抗生物質の威力を、つくづく実感したのでした!

(神奈川県横浜市 もねりさん)

>>クラリスロマイシンの購入はこちら




風邪で辛いときは我慢せずに抗生物質(アジスロマイシンやクラリスロマイシン)で対応しています。

とにかく一年中風邪をひく我が娘。

そして、その都度、娘の風邪をキッチリもらってしまう、ひ弱な私。

軽い風邪ですむ時もありますが、娘からもらう風邪は菌が強烈なのでしょうか、咳がひどくなることが多々あります。

以前も喉の痛みから始まり、その後、空咳がひどくなったことがありました。

こうなると市販の風邪薬ではどうにもなりませんので、すぐさまかかりつけの内科に受診しました。

普段は発熱しないとむやみに抗生剤を出さない内科の先生も、あまりの咳のひどさに抗生剤を処方して下さいました。

抗生剤には様々な種類がありますが、一番最初に出されたのは「アジスロマイシン」という抗生剤でした。

「アジスロマイシン」というと聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、ジスロマックのジェネリック版と言えばわかりやすいでしょうか。

この「アジスロマイシン(ジスロマックジェネリック)」は、マイコプラズマ肺炎やインフルエンザにも効果を発揮すると言われている、少し強めの抗生剤です。

そしてこのアジスロマイシンの一番の特徴は、1日1回の3日間服用するだけで効果が一週間続くという点であり、副作用も少ない安全な薬と言われています。

しかし、最近は抗生物質が効かない細菌が増えているからなのか、アジスロマイシンの効果があまりなかったため、「クラリスロマイシン」という抗生物質に変更してもらいました。

このクラリスロマイシンというお薬も、アジスロマイシン同様、様々な細菌感染症を治療する抗生物質であり、クラリスのジェネリック版のお薬です。

そして、このクラリスロマイシンは咳の風邪に有効だといわれていることもあり、先生がこの抗生物質に変更して下さったのだと思います。

その結果、咳が治まってきてとても楽になりました。

しかし、1週間ほどの服用でクラリスロマイシンをストップしたところ、再び咳が出てきてしまったため、更に1週間ほどお薬を追加して頂きました。

そうして、私の風邪は完璧に完治したのです。

抗生物質と聞くと、お薬を飲みなれていない方は不安に思うかもしれませんが、今は医学も進歩を続けていますし、安全な抗生物質もたくさんあります。

病院に受診して抗生物質を処方された場合は、病院の先生と薬局の薬剤師さんもお薬をチェックしていますので、安心して服用してください。

また抗生物質の注意点ですが、ご自身の判断で服用をストップすることは絶対に避けて下さい。

薬剤師さんにも良く言われることですが、病気の再発や完治に悪影響を及ぼさないためにも、抗生物質は必ず決められた回数をきちんと飲み切るようにして下さいね。

(神奈川県、横浜市、みこみこママさん)

>>アジスロマイシンの購入はこちら

>>クラリスロマイシンの購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ