「のどの腫れ」の記事一覧

のどの腫れにサワシリンカプセルが処方されました。

酷いのどの腫れと高熱が出て、病院へ行ったら急性扁桃炎という診断が出て、そのときにサワシリンカプセルを処方されました。

この抗生剤(サワシリンカプセル)は喉の炎症にとてもよく効くペニシリンの製剤だということでしたが、朝昼晩の3回ほど食後に服用を1週間ほど続けました。

サワシリンカプセルは飲みやすいカプセルなので、喉が腫れていても簡単に飲むことができました。

サワシリンの服用を始めてから2日目には高熱が下がってきて、喉の痛みも徐々に取れてきたのですが、服用3日目ぐらいから下痢になってしまいました。

抗生剤の副作用で下痢になるかもしれないという事が処方箋に書いてあったので特に驚きませんでしたが、この下痢は意外としつこくて、サワシリンを服用している1週間はずっと続いていました。

でも服用期間が過ぎてサワシリンを止めたら、すぐに下痢は止まったので、それ以上深刻な問題にはなりませんでした。

1週間ほどこの抗生剤(サワシリンカプセル)を服用して、のどは完璧に回復したので扁桃炎には非常に効果がある抗生物質だと感じました。

病院でもう一度再診してもらったときに下痢の事を相談したら、先生は下痢の副作用は、誰にでもあるわけではなく、今回はたまたま私の体力がかなり落ちていたために抗生剤の服用によって腸内環境が崩れてしまった事によって起こってしまったのだろうというお話でした。

(神奈川県 まいかさん)

>>サワシリンカプセルの購入はこちらです。



急性咽頭炎と風邪の全般の溶連菌などの時に抗生物質を服用しました。

みなさんは、どのような時に薬に頼ったことがあるのでしょうか?

私は抗生物質は色んな種類のものを飲んでみました。

特冬場は色んな細菌性のものやウィルス性の風邪が流行する季節ですので抗生物質を服用することも多いのではないのでしょうか?

抗生物質を使用するにあたっては本当に医師の判断で何の炎症が起きているのかを把握することでそれの最近の防止を目的にしたりそれ以上に感染を防ぐためや二次感染の予防に使われることが本当に多いのですよね。

私はのどが本当にはれてしまってつばをのみこむにも、本当にきつくて食べ物がたべれなくなってしまいました。

そこで医者にいってみると急性の咽頭炎でじょうきえんしょうもみられるということでフロモックスといったペニシリン系のセフェム系の抗生物質を処方してもらいました。

一週間分をだしてもらいましたが、一向によくなりませんでした。

そこでだいたい抗生物質は4日かんで炎症がひかなかったら種類を変える必要性があるのですよね。

耐性菌ができてしまうので効き目がまったくなくなるからですよね。

そこできついのですが合成抗菌薬でニュウキロノン系のクラビットの抗生物質をだしてもらいました。

4日間で様子をみようといわれ飲むと本当に炎症が引きました。

ですから感染している細菌におうじた抗生物質を処方してもらわないとよくならないことがよくわかりました。

>>フロモックスの購入はこちら




喉が痛み、腫れた時にクラリスという抗生物質を処方されました。

うちの息子は喉が弱く、すぐに喉が腫れてしまいます。

先日も、喉の痛みは訴えていなかったものの、咳が尋常でないほど酷く、熱も出てしまったので病院に行きました。

すると、喉の痛みはなかったのに、ひどい腫れだったそうです。

あまりにも、ひどく、今後、気管支炎の心配もあり、「クラリス」という抗生物質を処方されました。

この「クラリス」は、抗生物質としては、結構、メジャーらしく、呼吸器系の疾患に使われます。

抗生物質とはいえ、すごく強い薬ではないので、子供によく使われています。

この「クラリス」ですが、子供にとっては、すごい味らしいです。

普段の薬は嫌がらない息子も、こればっかりは辛いようです。

でも、「良薬は口に苦し」という諺の通り、飲み始めてから、熱も咳も落ち着きました。

そして、この「クラリス」ですが、抗菌する以外にも、服用するメリットがいくつかあります。

まずは、気管を強くしながら、雑菌を抑制してくれます。

そして、咳の元となる厄介な痰を減らしてくれます。

そんな嬉しい効果もあり、息子は喉が弱いので、この「クラリス」には、よくお世話になっています。

抗生物質というと、今、耐性菌の問題もあり、服用する事に抵抗がある人がいると思います。

私も、その話を聞いてから抵抗があり、病院で先生にその事を伝えてみました。

でも、抗生物質を服用せずに症状が悪化して、重病になる事を考えたら、抗生物質を利用した方が良いとの事です。

きちんとした先生なら、症状を見て、必要な時に処方しているので安心して欲しいと言われました。

それも、そうだなと思い、それから、必要な時は、抗生物質に助けてもらっています。

「クラリス」に限った事では、ありませんが、抗生物質は処方された量は飲みきらなくてはいけません。

抗生物質をあまり飲みたくないからと、途中で止めてしまう事の方が、変な菌の増殖につながってしまうそうです。

(東京都 にゃんこさん)

>>クラリスロマイシンがこちらから買えます




体質によっては抗生物質の副作用に注意しています。

抗生物質は子供の頃から、喉が腫れて熱が出た場合には大抵処方されていたので、人生の中で何度も飲んできたと思います。

また、大きな怪我をしたり、目が腫れたりしたような時も感染防止の為に抗生物質が処方されました。

風邪以外で処方されたのは、やはり怪我や手術、そして子宮内膜症の生理痛の時です。

その中で参ったのが子宮内膜症で一度酷い生理痛になり、その後手術になったのですが、その日は取り敢えずロキソニンが処方されました。

私はこの薬のことはその時点では知らず、市販もまだされていなかったので、そのまま服用しましたが、その後の胃の荒れ方には驚きました。

通常は胃薬と一緒に処方されるそうですが、その時の若い女医さんは胃薬の処方も胃が荒れるという話もありませんでした。

私が感じたのは、ロキソニンはバファリンや他の抗生物質とは桁違いに胃を荒らすということです。

現在ロキソニンは市販されているので、購入する方は、胃薬と一緒に服用することをお勧めします。

また、現在は製造されていないようですが、私はサルファ剤型の抗生物質を飲むと、唇やお尻など柔らかい部分が紫色に腫れ上がったことがあります。

抗生物質の副作用としてよく挙げられる症状ですが、ショック症状を起こすと命に関わるとも聞いたので、もう50歳を超えていますが未だに問診票の薬のアレルギーについての欄には「サルファ剤」と書いています。

現在サルファ剤は使われていないと必ず医師に言われますが、15年程前、近所の小学1年生くらいの子はサルファ剤以外の抗生物質でやはり顔が紫色に腫れ上がったことがありました。

抗生物質は強い薬ですから、少しでもいつもと違ったことが起こったらすぐに医師に相談しに行くことが大事だと思います。

(埼玉県 ツタンらーめんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ