「気管支炎」の記事一覧

気管支炎を治すために抗生剤(クラビット)を服用しました。

風邪をこじらせて気管支の辺りに炎症が起きていそうな自覚症状あり。

「これはまずいかも。」と思って診療所を受診した時に抗生物質のクラビットを処方されたことがあります。

もっとも最初から処方されたわけではありません。

最初は弱めの抗菌剤を処方されたと記憶しています。

最初に処方された抗菌剤の名前は忘れました。

とにかく3日間言われた通りに飲んだものの咳や熱が治まりませんでした。

37度後半の発熱が続きました。

熱冷まシートを貼ったり、寝る時には水枕をしたりしました。

それでも効かない。

3日経って先生に診せに行きました。

その時に処方されたのがクラビットです。

いつも平静な先生の顔に微かな緊張が漂いました。

クラビットは強いお薬なんだなと思いました。

処方は1日3回、朝・昼・夕食後。

クラビットを1日飲んだら、しつこかった発熱が治まってきました。

37度に下がったのです。

翌日には平熱に戻りました。

咳が軽減するのは少し遅かったと記憶しています。

黄色い痰は3日目にも出ました。

でも、クラビットを飲み続けたら、明らかに痰の絡み具合は改善されました。

痰絡みの咳が減ったのです。

指示された通りにクラビットを3日間飲んでから、また受診しました。

熱は平熱に戻り、痰絡みの咳は減っていました。

クラビットの処方はそれで打ち切られました。

クラビットはとても強力な抗菌剤なのだという印象があります。

(熊本県 はなしのぶさん)

>>クラビットの通販サイトはこちら




気管支炎になりペニシリン系の抗生物質で治しました。

冬の間に風邪を引いてしまって市販薬を飲んで会社を休んでゆっくりしていたのですが思ったように薬の効果がなくて、そのまま風邪をこじらせてしまいました。

咳がどんどんひどく出るようになり病院へ行ったら気管支炎との診断でした。

すぐに処方されたのは抗生物質と痰切りの薬、気管支拡張剤と咳止めに胃薬でした。

抗生剤は一日に3度食後に飲むようにとの指示が出ていましたので診察を受けてから自宅に戻ってすぐに抗生剤とその他の薬を飲みました。

処方されたのはとりあえず5日間でしたので毎日決められた抗生物質を飲んでいました。

抗生物質の名前は思い出せませんが確かペニシリン系の抗生物質だったと思います。

最初の5日間で気管支炎による高熱は無事さがりましたが咳はなかなか抗生物質の効果が出ずに、夜も眠れない日が続いていました。

5日分の抗生物質をすべて飲みきって6日目に再診を受けて、咳があまり収まっていないのでさらに抗生物質を1週間分処方されました。

服薬を始めて1週間たったあたりからやっと咳が少しずつ治り始め、夜もひどい咳で眠れないという症状が改善されてきました。

そしてすべての抗生物質を飲みきったころには、すっかり気管支炎が完治したのでそのまま通院は終了しました。

風邪などは一旦こじらしてしまうと気管支炎などのさらなる重篤な病気へと進んでしまい、そのあとは肺炎にもなりかねないので処方された抗生物質は必ずすべて飲みきることが大切だと思います。

途中で勝手に抗生物質の服用を中止したりすると症状が悪化してしまったりする恐れがあるので気をつけたほうが良いでしょう。

また抗生物質は、どんな種類であれ、空腹に飲むと胃をとても荒らしてしまう可能性があります。

少しでも良いので何か口に入れてから飲むようにすると胃を荒らさずに済みます。

(神奈川県横浜市 くにさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ