「2014年1月」の記事一覧

膀胱炎で抗生物質(クラビット)を飲んで治しました。

私は小さいころから膀胱炎になりやすくて、そのたびに病院に行ったりしました。

ちゃんと水分をとって、尿を出すようにしたのですが、それでも治らない場合は病院に行くことにしていました。

排尿痛があったり、残尿感もあったり、酷い時には血尿も出たことがあります。

私は病院に行ってみてもらうと、クラビットという抗生物質を処方されることが多かったです。

最初は抗生物質に抵抗がありましたが、薬を飲みきるまでは必ず飲み終えてくださいといつも説明がありました。

抗生物質はいつも五日分ほど処方されました。

このクラビットを内服するとだんだんと膀胱炎の症状も良くなってくるので、抗生物質は効果的な薬なんだなぁと思っていました。

抗生物質は細菌を殺す働きがあるので、膀胱炎の他にも感染症にかかったときにはよく処方される薬です。

私は特に副作用には悩まなかったのですが、たまに下痢になることもありました。

抗生物質を薬剤師からもらうときに副作用の説明はありました。

もっと酷い人だと、湿疹やかゆみのアレルギー反応が出てしまう人もいるそうです。

他にはめまい、頭痛、吐き気、嘔吐なども副作用にあるそうです。

薬の合う合わないは人によってあると思うので、何か不安なことがあったら医師に相談をするのがいいと思います。

私は他の病気でも何度も抗生物質を処方されて内服していますが、抗生物質はとても良く効くお薬だと思っています。

いろいろな方に、いろいろな症状に抗生物質は処方されると思いますが、安心して飲んでいいと思います。

抗生物質を飲むと症状も早く治りますし、体を休めると更によくなっていきます。

抗生物質を処方されたら、飲み忘れのないようにちゃんと飲みきって症状を少しでも早く治した方がいいと思います。

(茨城県、ゆきりんごさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ