「2014年6月」の記事一覧

急性咽頭炎と風邪の全般の溶連菌などの時に抗生物質を服用しました。

みなさんは、どのような時に薬に頼ったことがあるのでしょうか?

私は抗生物質は色んな種類のものを飲んでみました。

特冬場は色んな細菌性のものやウィルス性の風邪が流行する季節ですので抗生物質を服用することも多いのではないのでしょうか?

抗生物質を使用するにあたっては本当に医師の判断で何の炎症が起きているのかを把握することでそれの最近の防止を目的にしたりそれ以上に感染を防ぐためや二次感染の予防に使われることが本当に多いのですよね。

私はのどが本当にはれてしまってつばをのみこむにも、本当にきつくて食べ物がたべれなくなってしまいました。

そこで医者にいってみると急性の咽頭炎でじょうきえんしょうもみられるということでフロモックスといったペニシリン系のセフェム系の抗生物質を処方してもらいました。

一週間分をだしてもらいましたが、一向によくなりませんでした。

そこでだいたい抗生物質は4日かんで炎症がひかなかったら種類を変える必要性があるのですよね。

耐性菌ができてしまうので効き目がまったくなくなるからですよね。

そこできついのですが合成抗菌薬でニュウキロノン系のクラビットの抗生物質をだしてもらいました。

4日間で様子をみようといわれ飲むと本当に炎症が引きました。

ですから感染している細菌におうじた抗生物質を処方してもらわないとよくならないことがよくわかりました。

>>フロモックスの購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ