「2014年10月」の記事一覧

のどの腫れにサワシリンカプセルが処方されました。

酷いのどの腫れと高熱が出て、病院へ行ったら急性扁桃炎という診断が出て、そのときにサワシリンカプセルを処方されました。

この抗生剤(サワシリンカプセル)は喉の炎症にとてもよく効くペニシリンの製剤だということでしたが、朝昼晩の3回ほど食後に服用を1週間ほど続けました。

サワシリンカプセルは飲みやすいカプセルなので、喉が腫れていても簡単に飲むことができました。

サワシリンの服用を始めてから2日目には高熱が下がってきて、喉の痛みも徐々に取れてきたのですが、服用3日目ぐらいから下痢になってしまいました。

抗生剤の副作用で下痢になるかもしれないという事が処方箋に書いてあったので特に驚きませんでしたが、この下痢は意外としつこくて、サワシリンを服用している1週間はずっと続いていました。

でも服用期間が過ぎてサワシリンを止めたら、すぐに下痢は止まったので、それ以上深刻な問題にはなりませんでした。

1週間ほどこの抗生剤(サワシリンカプセル)を服用して、のどは完璧に回復したので扁桃炎には非常に効果がある抗生物質だと感じました。

病院でもう一度再診してもらったときに下痢の事を相談したら、先生は下痢の副作用は、誰にでもあるわけではなく、今回はたまたま私の体力がかなり落ちていたために抗生剤の服用によって腸内環境が崩れてしまった事によって起こってしまったのだろうというお話でした。

(神奈川県 まいかさん)

>>サワシリンカプセルの購入はこちらです。



ミノマイシンでデコルテのニキビが消えた。

胸の谷間にアセモのような湿疹が複数できました。

アセモにしては痒くないな。

と思っていたら、胸から肩の方まで増えて、いわゆるデコルテの範囲にたくさんの赤いブツブツができました。

自分で治せる気がしなかったので、仕事帰りに近所の皮膚科を受診しました。

するとドクターからは「これはニキビだね。炎症してるので、ニキビに効く抗生物質を出しましょう。」と言われ、「ミノマイシン」を処方されました。

2週間ほど朝夜に1錠ずつの服用を続けたところ、すぐに効果が表れて、酷かった炎症が治まりました。

副作用にめまいが出る人もいるので、めまいが出たら夜だけ服用して朝は無理しなくてもいいと言われたのですが、幸いにも私には副作用が出なかったので、その後も1ヶ月は朝夜と続けて飲みました。

順調に治ってきたので、自分の判断でミノマイシンを1日1錠に減らしてみたら、また新しいニキビが出来てしまい驚きました。

皮膚科から「朝夜の1日2錠をもう少し続けて下さい。」と注意され、また1ヶ月ほど服用するとニキビは小さくなって減っていきました。

その後は皮膚科の指示で、1日1錠に減らしてさらに1ヶ月ほど服用したところ、ほとんどのニキビは消えて跡も残らずに治りました。

ミノマイシンの副作用が出ない私としては、今後もニキビができた時には、皮膚科に行ってミノマイシンを処方してもらうつもりです。

(北海道 きょうたんさん)




初期の副鼻腔炎に効いた抗生物質はクラリスでした。

私は、環境の変化によって鼻炎を起こしやすい体質です。

急に寒くなったり、寝不足が続いたり、花粉が飛散する時期には必ず鼻炎になります。

ある時は、鼻づまりだけではなく、鼻水に色がついてきてしまったことがありました。

そして、匂いを感じづらくなってしまったのです。

匂いは感じづらいくせに、自分の鼻から悪臭がする感覚はあるのです。

周りの人々に臭いと思われたらどうしよう、という不安も出てきました。

焦って近所の耳鼻科に駆け込みました。

診断は、副鼻腔炎になりかけているとのことでした。

鼻につながっている空洞部分に膿みが溜まりかけているのでした。

処方されたのは、クラリスという抗生物質でした。

朝食後と夕食後に各1錠ずつ服用するように言われました。

処方された日数は5日分です。

抗生物質を服用して5日経って、改善しない場合は再び受診するように言われました。

早く治したかったので、医師の指示通りにクラリスを服用しました。

3日程経った頃、自分の鼻が臭かった感じが無くなりました。

鼻水の色も透明に戻っていました。

クラリスは私の症状に合致していたようで、効果があったようです。

特別な副作用は無かったと思います。

少しだけ気になったのは、口の中が乾く感覚があった程度です。

これは、鼻づまりで口呼吸をしていたせいかもしれません。

(愛知県 こがらしさん)

>>クラリスの通販サイトはこちら




風邪で喉が荒れる時に使用する抗生物質はAUGMENTIN(オーグメンチン)です。

私は昔から喉が弱く風邪をひいた日や乾燥した日は特に朝起きると喉が痛くなります。

後は、お酒をちょっとたくさん飲んだ翌日は喉がカラカラでいたい時が多いです。

唾をのみこんで喉を潤そうとしますがそれでも痛くてそんな時は数日経っても治らないので内科にかかります。

そして、うがい薬やトローチなどを処方されるときもありますが抗生物質が一番よく効きます。

その抗生物質の名前はAUGMENTIN(オーグメンチン)です。

オーグメンチンを処方してくれないときは先生に頼むこともあります。

5日間服用するように言われますが私にとって抗生物質は貴重なので3日位で治ったら服用をやめて保管しています。

次回、またなった時に病院に行かずにそのオーグメンチンを飲んだりしています。

他の風邪薬や市販の薬では喉の細菌には効果がありませんが抗生物質を飲むと100%私の喉の痛みは治るので困ったときは必ず早めに飲むようにしています。

すごく効果があります。

オーグメンチンの副作用は特にひどい物はありませんがたまに口の中が荒れる時があります。

ですがもともと胃が弱ってる時なので薬のせいとも言い切れません。

そんな時はチョコラBBを飲んだりして対策するとすぐに治ります。

あとはオーグメンチンを服用する時は食事の直前で食べ物と一緒にと言われているのでそうしていますが、お水も多く摂って胃に負担がかからないように気を付けています。

(東京都 美希さん)

>>オーグメンチンの購入はこちら




咳が続くときに効く抗生物質はクラリスロマイシンまたはクラリシッドです。

咳が酷い時に抗生物質(クラリスロマイシン、クラリシッド)で治した時の体験談です。

風邪を引いて喉の痛みと咳が出る症状になりました。

かかりつけの耳鼻科に行って風邪の薬を処方してもらいました。

咳が出ると長引いてなかなか治らないクセがあるので、咳が出るときはいつも同じ抗生物質を処方してもらいます。

それは

クラリスロマイシンまたは

クラリシッドともいう抗生物質です。

白い錠剤でクセのない味なので、飲みやすい抗生物質だと思います。

抗生物質を飲むとつらい咳でも一週間から10日くらいでかなり良くなります。

特に寝ているときに出るしんどい咳にもこの抗生物質(クラリスロマイシン、クラリシッド)は効果があります。

自分の体質にも合っているのだと思いますが、咳が出るときはこの抗生物質を飲むと本当に良く効きます。

抗生物質を飲み続けると、胃腸の具合が悪くなる人が多く、下痢や吐き気の症状が出る人がいます。

特に長く飲み続けると胃腸の具合が悪くなる症状が出る人がいます。

そんな時は胃腸の薬も一緒に処方してもらうといいと思います。

クラリスロマイシンはそれでも比較的副作用の少ない薬だと思います。

咳の症状だけでなく副鼻腔炎の時などにも処方される薬なので、一般的に良く処方される薬だと思います。

抗生物質を多く飲むと耐性菌のことも心配されますが、つらい症状の時は効果的に服用して、早く治した方が体力も消耗しなくてすむので飲むようにしています。

(滋賀県 ヨコさん)

>>クラリスロマイシンの購入はこちら

>>クラリシッドの購入はこちら




副鼻腔炎に効いた抗生物質はサワシリンカプセル250です。

副鼻腔炎になり、サワシリンカプセル250で治した時の体験談です。

私は今年に入り副鼻腔炎になりました。

(大人になってからは初めてです)

まずは39度の高熱が出ました。

熱が下がると同時に黄色い鼻水が出始めました。

やがて鼻水は緑色になりました。

一日にティッシュ3箱は消費するくらいの鼻水が出ました。

かんでもかんでも鼻が詰まってしまい、やがて鼻の付け根や目の周りや頬も痛くなり病院に行って受診すると副鼻腔炎と言われました。

(レントゲンで診断しました)

副鼻腔炎の薬は耳鼻科で処方されました。

授乳中でしたので授乳中でも問題ない薬にしてもらいました。

(ですが念のため服用から4時間は空けると安心ですと言われました)

抗生物質の名前は「サワシリンカプセル250」です。

サワシリンカプセル250はペニシリン系の抗生物質だそうです。

服用期間は一週間です。

症状が酷かったので一週間では治らないかもしれないと言われていましたが、サワシリンカプセル250を飲みきる前には鼻水もぴたっと止まり(緑→黄色→透明に変わったのちに完全に止まりました)、顔の痛みもなくなりました。

薬によっては効かないこともあるのですが(授乳中でいつも弱い薬を出してもらうため)、このサワシリンカプセル250はすぐに効いてよかったです。

仕事も忙しかったのでそこから受診していませんが今のところ副鼻腔炎は再発していません。

サワシリンカプセルは今回、初めて飲んだ薬ですが副作用はありませんでした。

ほかの抗生物質だと体質的に胃痛や下痢になることが時々あります。

(山梨県 くりーむぱん子さん)

>>サワシリンカプセル250の購入はこちら




中耳炎を抗生物質(メイアクト)を飲んで治しました。

先日、中耳炎になり抗生物質を飲みました。

水に関わるスポーツをしているからか耳に水が入る事が多かったからかわかりませんが、軽い熱と耳垂れが2週間程治らなかったので耳鼻科に行きました。

すぐに中耳炎と言われ何だかんだで完治までに1ヶ月くらいかかったのですが、耳鼻科で出されたメイアクトという抗生物質を2週間近く飲みました。

食後1錠を毎日飲みながら通院したのですが副作用は出ませんでした。

効果としてはなおってから感じたのですが、耳垂れが出ていた時や腫れがひどかぅた時にくらべ良くなっていた気がするので、抗生物質を飲まなかった日は腫れが引いてないのを覚えています。

当初、腫れがひどかったのでメイアクトを飲んでいましたが腫れが少しづつひくにつれ軽い抗生物質にシフトしていき完治致しました。

入手方法は先生が出してくれたものを指定された分だけ服用しており、感想としましては飲んだ日は若干ボーっとした感じがありました。

ただ腫れがしつこかったので、抗生物質無しでは実生活に支障があった気がします。

抗生物質を飲まないで歩いたり軽い運動系の事をしたりすると腫れがひどく感じストレスになりましたので、かなり効果があったのではないかと思います。

(千葉県 ちあきさん)

>>メイアクトの購入はこちら




乳腺炎を抗生物質(フロモックス)で治しました。

私は授乳中の時に40度の熱が出て婦人科の病院に駆け込みました。

胸も痛くなり、赤くなってしまいました。

乳腺炎の疑いありとのことで葛根湯と抗生物質を処方されました。

授乳中に薬はどうなのか思ったのですが、授乳中でも大丈夫だというフロモックスという抗生物質を出してくれました。

飲んだのは3日くらいでした。

熱は2日くらいで引きましたが、胸の痛みは1週間ほど続きました。

そういうわけで抗生物質の効果はあったのか、なかったのかはわかりませんでした。

乳腺炎は乳首の傷口から黴菌が入って中で炎症を起こしている可能性があるとことで抗生物質が出されたようです。

見えない部分なので中で黴菌がどうなったのかはわかりません。

それでも1週間ほどすると全く元の状態に戻ったので効果はあったことはあったのかもしれません。

婦人科でマッサージを受けたのでその効果もあったのかもしれませんが。

しかし、このフロモックスは抗生物質だけあって飲んだあと2日くらい下痢になりました。

私は滅多に下痢はしないし、抗生物質を飲むとよく下痢をすると聞くので薬の副作用だと思います。

授乳中は薬はダメと聞きますが抗生物質も飲めるというのは初めて知りました。

でもその後の経過も問題ないのでまた乳腺炎になったら、躊躇せずに抗生物質を飲もうと思います。

(大阪府 ともみこさん)

>>フロモックスの購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ