風邪の治療に抗菌薬であるクラビットを処方されました。

風邪をひいて病院へ行った時に、抗菌薬のクラビットを処方されました。

このクラビットは最近ではまあまあ有名なお薬ですので、わたしも処方されたのは初めてではなかったのですが、体調がほとんど回復してから飲んだらその際に動悸が激しくなってしまったので、飲むタイミングを間違うと良くないようです。

しかし、クラビットは抗菌薬というだけあって、飲み続けるとどんどん、体の中の悪い菌が死んで行くような感じがします。

クラビットを飲み始めるとすぐに、体が免疫力を取り戻していきますし、弱っていた部分がどんどん回復していくので、クラビットという薬の効能については信用しています。

クラビットは風邪の薬としては非常に優秀ですし、熱が出ているときなどにもしっかり効果を発揮してくれるのです。

前回利用したときはインフルエンザだったのですが、インフルエンザの高熱はクラビットを処方されてからすぐに治りましたし、インフルエンザの薬としても非常に優秀だと思います。

(編集部注 この記事は個人の感想です。抗生物質は細菌に効果がありますが、ウイルスには効果がありません。ただし、インフルエンザだけではなく、細菌との合併症を起こしている場合は、抗生物質が処方されることもあります。)

二次感染を防ぐ、という効果もあるようですし、細菌にやられている時にはクラビットが一番いいような気がするので、今後もこのお薬(クラビット)のことは覚えておこうと思います。

ちなみに、このクラビットは病気のときに飲むと効果があるのですが、良くなっている状態で飲んでしまうと逆に咳が止まらなくなったり、胸がどきどきして眠れなくなったりするので気を付けましょう。

わたしは、使い方を間違って何度も眠れない夜を過ごしたので、これから飲むという方には注意してほしいと思います。

(千葉県市川市 ゆっちょさん)

<BR><BR><BR>


Parse error: syntax error, unexpected T_IF in /home/users/1/daa.jp-million/web/kurabittotuuhan/wp-content/themes/keni62_wp_corp_1711011026/comments.php on line 12