咳が続くときに効く抗生物質はクラリスロマイシンまたはクラリシッド

咳が酷い時に抗生物質(クラリスロマイシン、クラリシッド)で治した時の体験談です。

わたしは風邪を引いて喉の痛みと咳が出る症状になりました。

かかりつけの耳鼻科に行って風邪の薬を処方してもらいました。

咳が出ると長引いてなかなか治らないクセがあるので、咳が出るときはいつも同じ抗生物質を処方してもらいます。

それは

クラリスロマイシン

または

クラリシッド

という抗生物質です。

白い錠剤でクセのない味なので、飲みやすい抗生物質だと思います。

抗生物質を飲むとつらい咳でも一週間から10日くらいでかなり良くなります。

特に寝ているときに出るしんどい咳にもこの抗生物質(クラリスロマイシン、クラリシッド)は効果があります。

自分の体質にも合っているのだと思いますが、咳が出るときはこの抗生物質を飲むと本当に良く効きます。

抗生物質を飲み続けると、胃腸の具合が悪くなる人が多く、下痢や吐き気の症状が出る人がいます。

特に長く飲み続けると胃腸の具合が悪くなる症状が出る人がいます。

そんな時は胃腸の薬も一緒に処方してもらうといいと思います。

クラリスロマイシンはそれでも比較的副作用の少ない薬だと思います。

咳の症状だけでなく副鼻腔炎の時などにも処方される薬なので、一般的に良く処方される薬だと思います。

抗生物質を多く飲むと耐性菌のことも心配されますが、つらい症状の時は効果的に服用して、早く治した方が体力も消耗しなくてすむので飲むようにしています。

(滋賀県 ヨコさん)

>>クラリスロマイシンの購入はこちら

>>クラリシッドの購入はこちら





Parse error: syntax error, unexpected T_IF in /home/users/1/daa.jp-million/web/kurabittotuuhan/wp-content/themes/keni62_wp_corp_1711011026/comments.php on line 12