親知らずの痛みを和らげる為抗生物質を処方されました。

先日、また親知らずのせいで歯茎が腫れ、痛みが伴い、口をまともに大きく開けることもできず、翌朝すぐに歯医者さんへ行きました。

半年くらい前からたまーに痛み、数日経つと元通りに戻ると言う状況を二、三度繰り返し、痛みで歯医者さんへ実際に行ったのはこの間が初めてでした。

歯医者さんでは、「歯茎が腫れていて、口も大きく開かないので今日は抗生物質を処方するので、様子をみてください。

来週また来てくださいね」と言われ、処方された抗生物質は「メトロニダゾール」の400ミリグラムで、1にち3回、食事と一緒か食後に飲むよう書いてありました。
3日程経った頃、体調に変化が現れました。

具合が悪く、吐き気が続き、常に気持ちが悪い状態が続きました。

それから2日経ったところで、もしや副作用?と思い、歯医者さんへ電話して確認をしたところ「多くはないけど、同じような症状を聞いたことがある。

腫れが収まって、痛みもないなら薬の摂取をやめても良い」とアドバイスをもらい、飲まなくなったところで、体調が次第に元に戻りました。

私が処方されたメトロニダゾールは、タブレット状で、タブレットには「A」という文字と、「321」という数字が書かれていて、結構大きいサイズのタブレットです。

製造会社は「ALMUS」という会社で、薬を飲んでいる間はアルコールは極力避けるように注意書きもありました。

取り扱い説明書には、私が経験した副作用も書かれてあり、歯医者さんが言った通り、「多くはない例」として記載されていました。

現在、海外に移住し2年半ですが、こちらの薬は私の体には強力過ぎるようで、何度か副作用でお医者さんにお世話になったこともあります。

ひどかったのは逆流性胃腸炎にまでなりました。

今回も処方してもらう前にその旨を伝えるべきだった。

と反省しています。

(海外 サイドエフェクトさん)





Parse error: syntax error, unexpected T_IF in /home/users/1/daa.jp-million/web/kurabittotuuhan/wp-content/themes/keni62_wp_corp_1711011026/comments.php on line 12