咳の風邪に効き目が抜群だった「クラリスロマイシン」

若い頃は、咳の風邪をほとんどひいたことがなかった私が、最近では風邪というと、決まって「咳」が長引いてしまうのです。

親戚でも気管支が弱い人が多々いるので、これは遺伝でしょうか・・。

風邪をひくと、私はいつも同じ病院を受診しています。

しかし、年に数回しか受診しなかったりするため、先生も私の体質を把握していないこともあります。

前回ひどい咳で受診していたとしても、熱が無い場合は「咳止め」を処方するだけという日がありました。

それはそうです、沢山の患者さんをかかえているお医者様ですから、病院に通う回数が少なければ、当然忘れてしまいますよね。

そして、案の定、咳が悪化してしまったことがありました。

こうして、咳の状態が悪くなってくると、さすがの先生も熱がなくても抗生物質を処方してくれるのです。

そんな咳がひどい時に処方されることが多い薬は、「クラリスロマイシン」という抗生物質です。

この抗生物質を服用してから2~3日すると、嘘のように咳が落ち着いてくるのです。

あまりのクラリスロマイシンの効き目に「自力で治ってきたこともあるのかもしれない」と、こう友人に言われたほどです。

しかし、1週間ほどのクラリスロマイシンの服用期間を過ぎて、これでバッチリと思っていた矢先、再び咳が出てきてしまったのです・・・。

そして、再び病院に逆戻りです。

この状態を先生にお話ししたところ、今回はクラリスロマイシンを少し長めに飲んでみようと、こういう結果になったのです。

正直、抗生物質を何週間も服用したことがなかったので、少し不安ではありましたが、自宅に戻ってこのお薬を調べてみると、病気の症状によっては、服用期間が長い場合がある抗生物質であることがわかったのです。

これで一安心した私は、お医者様のご指示通り、このクラリスロマイシンをきちんと服用しました。

すると、徐々に咳が治まってきまして、前回のように、再び咳をぶり返すことはありませんでした!

私達が病気になった時、できることなら薬なしで回復させたいものですよね。

しかし、例え風邪といえども、時には菌の繁殖を防ぐ「抗生物質」の服用が、大変重要であることもあります。

今回は、この「クラリスロマイシン」という抗生物質の威力を、つくづく実感したのでした!

(神奈川県横浜市 もねりさん)

>>クラリスロマイシンの購入はこちら





Parse error: syntax error, unexpected T_IF in /home/users/1/daa.jp-million/web/kurabittotuuhan/wp-content/themes/keni62_wp_corp_1711011026/comments.php on line 12