マイコプラズマ肺炎にかかりミノサイクリン系の抗生物質で治しました。

冬の近づいたある日、部屋の片づけをしていて酷い寒気に襲われました。

もしやと思って近医で診てもらったら肺炎と診断されました。

その2週間ほど前に家人がマイコプラズマ肺炎にかかっていたので同じ病気と見てほぼ間違いないだろうと言われました。

風邪の時に出されるような薬を出され、数日飲み続けたのですが全く効果が見られず、次にジスマロックという抗生物質を出されました。

これが酷い副作用で飲むたびに酷い下痢に悩まされ結局飲む事を中止し、別の病院へかかる事にしました。

別の病院では予め家人に出されていた薬の種類(ミノサイクリン系)を伝え、その薬と同じ薬を出してくれとお願いしました。

お医者様にそういうお願いをするのは失礼かもしれませんが、その頃には肺炎も酷くなっていたのか声もろくに出せず歩くだけでゼイゼイしてしまっていたので背に腹は代えられません。

結局、同じミノサイクリン系の薬を処方してもらいました。

普段ならばすぐに飲むような事はしないのですが一刻も早く治したかったので、車に乗ってすぐにその薬を服用しました。

恐らく時間的にはお昼の12時前後だったでしょうか。

その後、自宅でしばらく安静にしていました。

相変わらずだるさも治まらず、夜も早めに休み次の日もややだるいまま家事を続けていたのですがお昼頃でしょうか、急に体が楽になったように感じました。

気のせいかなと思って家事を済ませた後またしばらく横になっていたのですが、やはり昨日までとは何かが違うように感じて熱を計ると37度前後まで下がっていました。

ようやく菌に対して効果のある抗生物質にたどり着いた感じがしてホッとしたのを覚えています。

抗生物質は色々と言われていますが、きちんと効果のある薬を正しい量を正しい期間飲めば病気に対して画期的なお薬である事は間違いありません。

ただ、お医者様でも新しい効果などであった場合は知らない事があります。

お医者様任せにしないで自分でも治すために調べる必要がある事も知っておいた方がいかもしれません。

(埼玉県比企郡滑川町  hanahanaさん)





Parse error: syntax error, unexpected T_IF in /home/users/1/daa.jp-million/web/kurabittotuuhan/wp-content/themes/keni62_wp_corp_1711011026/comments.php on line 12