のどの腫れにサワシリンカプセルが処方されました。

酷いのどの腫れと高熱が出て、病院へ行ったら急性扁桃炎という診断が出て、そのときにサワシリンカプセルを処方されました。

この抗生剤(サワシリンカプセル)は喉の炎症にとてもよく効くペニシリンの製剤だということでしたが、朝昼晩の3回ほど食後に服用を1週間ほど続けました。

サワシリンカプセルは飲みやすいカプセルなので、喉が腫れていても簡単に飲むことができました。

サワシリンの服用を始めてから2日目には高熱が下がってきて、喉の痛みも徐々に取れてきたのですが、服用3日目ぐらいから下痢になってしまいました。

抗生剤の副作用で下痢になるかもしれないという事が処方箋に書いてあったので特に驚きませんでしたが、この下痢は意外としつこくて、サワシリンを服用している1週間はずっと続いていました。

でも服用期間が過ぎてサワシリンを止めたら、すぐに下痢は止まったので、それ以上深刻な問題にはなりませんでした。

1週間ほどこの抗生剤(サワシリンカプセル)を服用して、のどは完璧に回復したので扁桃炎には非常に効果がある抗生物質だと感じました。

病院でもう一度再診してもらったときに下痢の事を相談したら、先生は下痢の副作用は、誰にでもあるわけではなく、今回はたまたま私の体力がかなり落ちていたために抗生剤の服用によって腸内環境が崩れてしまった事によって起こってしまったのだろうというお話でした。

(神奈川県 まいかさん)

>>サワシリンカプセルの購入はこちらです。



コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ