細菌性の胃腸炎で使った抗生物質はクラビットでした。

私はつい最近、細菌性の胃腸炎にかかりました。

初めはただの風邪かと思って病院に行って診察してもらったところ、原因は分からないけど胃腸からくる風邪とのことで、「クラビット錠500mg」を処方されました。

胃ももちろんですが、腸がすごく弱ってしまって、ひどい下痢が一週間ほど続いていたので、毎日1回分を14日分処方されていたのでそれを毎日飲んでいました。

もう胃腸炎の症状が出て10日くらい経ちますが、大体8日間は毎晩飲んでいました。

今ではもうすっかりおなかの調子は良くなっています。

しかし、抗生剤にはおなかを下す、軟便になりやすいという副作用があり、胃腸の荒れやすいものです。

だから胃薬や整腸剤も合わせて服用するように言われました。

今思えば、熱はすぐ下がったのに下痢が一週間も続いたのはこの薬のせいだったのかもしれません。

ですが、私の場合あまりにも食欲がなく、ヨーグルト一つ食べる程度で薬を服用したから胃の粘膜が抗生剤に傷つけられてしまったのかもしれません。

注意してもらいたいのは、クラビットは一日何度も服用してはいけないということです。

大の大人でも大量に服用すれば必ず胃腸が荒れます。

どんなに胃腸の調子が悪くても、抗生剤なしには治らないのでやはり必要不可欠です。

ある程度の副作用は我慢して、できるだけおなかに優しいものを食べてからクラビット錠を服用すればいいかもしれません。

(広島県 A・Tさん)

>>クラビットの購入はこちらです。







コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ