抗生剤パルドマイシンの副作用で胃がやれてしまいました。

丁度季節の変わり目に差し掛かったころ、喉が痛くなり、風邪っぽい症状が出てきたため、病院で風邪薬をもらおうと思い、受診しました。

医師の診断の結果、気管支炎という診断が下ったため、飲み薬と即効性の高い注射を打って帰宅しました。

内服には抗生剤と胃薬、炎症症状を抑えるための薬など、数種類は言ってしましたが、余計な薬を飲みたくなかったため、いけないとは思いましたが、薬の説明を見ながら、自己判断で必要なさそうな薬を省いて服用してしまいました。

その時に飲んだ薬は菌を殺すための抗生剤のパルドマイシン、そして喉の痛みを抑えるための鎮痛剤のみで、それ以外は飲まなくても大丈夫だろうと思い、飲みませんでした。

そして説明には空腹時は避ける様にと書いてありましたが、食事をとる時間もなかったため、空腹状態で服用してしまったのが最悪の結果を起こしてしまったのです。

服用して30分くらいしたころでしょうか、急激に吐き気を催し、胃がいたくなり、トイレに走りこみました。

吐き気は抑えきれず、戻してしまいましたが、これは抗生剤の副作用で胃がやられてしまったのが原因でした。

この副作用を起こらないように胃薬と注意書きが書いてあったのだと気づいたころには遅く、勝手な判断で飲まなかったことを後悔しました。

その後はしっかり用法を守り、薬を飲みました、一週間飲み切ったときにはすっかり喉の痛みも風邪の症状もおさまり、元通りの体調に戻ることができ、一安心しました。

病院で処方される薬はもちろんのこと、薬局などで売られている薬の注意がきにも用法や容量は守りましょうと書いてあります。

守らないとどうなってしまうのかを身をもって体験できたと同時に、独断でバカなことをしてしまったと後悔しました。

(愛知県 みいさん)





Parse error: syntax error, unexpected T_IF in /home/users/1/daa.jp-million/web/kurabittotuuhan/wp-content/themes/keni62_wp_corp_1711011026/comments.php on line 12