つらい膀胱炎は抗生物質のクラビットで治しました。

女性なら1度は膀胱炎になったことがあるのではないでしょうか。

膀胱炎はとてもつらい病気の一つです。

また、きちんと治しておかないと大変危険でもあります。

私もこれまで何度か、膀胱炎になったことがあります。

比較的軽い時もあれば、重い時もありました。

膀胱炎になってしまったのではないかと感じた場合は、すぐに病院に行き、検査を受けて処方された薬を服用するのが一番だと思います。

しかし、今では市販の薬やサプリメントでも、膀胱炎の症状を抑える効果のあるものもあるようです。

私が膀胱炎になると、症状の重い、軽いは関係なくいつも処方されている薬は「クラビット」です。

かかりつけ以外の病院でも、同じものが処方されたことがあります。この「クラビット」を5日分服用します。

また、医者から念をおして言われるのが「膀胱炎の症状が改善されたと感じても、最後まで服用すること」です。

このクラビットをしっかり服用することによって、菌を排出させます。

このクラビットは、一回でも服用すると膀胱炎の症状が軽減されます。

一日分だけでもかなり楽になり、それまでの苦痛から解放されます。

その後2日、3日とどんどん回復し、うっかりするとクラビットを服用し忘れてしまいそうにもなります。

最後まで服用し、後日再検査をするとすっかり菌はなくなっています。

普段から膀胱炎にならないよう気を付けてはいますが、どうしてもなってしまった時は、このクラビットを服用するのが一番かと思っています。

何度も、膀胱炎になる方は、常備薬としてクラビットを持っておくといいと思います。

クラビットのジェネリック品が海外からの個人輸入で格安で購入できます。

ジェネリックのレボクイン250mgという医薬品なら100錠で2,952円(送料込み)で購入することができます。

膀胱炎の症状を少しでも感じたら、早めにクラビットを服用して、軽い膀胱炎のうちに治してしまうのがいいかと思います。
(東京都 もなさん)

>>レボクインの購入はこちら



コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ