「クラビット市販」タグの記事一覧

クラビット錠ジェネリックを海外の通販サイトから購入してみました。

クラビット錠を海外からの通販サイトから買った理由は膀胱炎にかかったからです。

私は年に数回、仕事が忙しくて、疲れがたまったときに、膀胱炎にかかります。

仕事が忙しくて、病院に行く時間がとれないので、膀胱炎にかかると市販の薬を購入して、治していました。

しかし、市販の薬は病院で処方される抗生物質に比べて効き目がおだやかで、すぐに効かないことがあったりします。

最近、知り合いの方から抗生物質のクラビット錠のジェネリック品(ニューキノロン系合成抗菌薬レボフロキサシン)を海外から購入しているのを聞きました。

なぜ、クラビット錠を海外から購入しているか聞くと、

海外からの個人輸入だと、病気になる前に前もって、クラビットを購入しておくことができ、違和感を感じたら、すぐに服用することができる。

病院に行く時間、病院で待つ時間などと比べ、短い時間で簡単に購入することできること。

海外のクrビット錠ジェネリックは為替で値段が変わりますが、市販薬と比べて格安で購入できることだそうです。

さっそく、私も購入してみました。

注文して、一週間ぐらいで届きました。

こんな箱に入っています。
クラビット錠の箱

こんな紙のケースに入っていました。

ビニールでシールとかされてなくて、セロテープでとまっていました。

隙間が空いていて、ちょっと安っぽい感じがしました。
箱の隙間

有効期限などは箱の裏に書かれていました。
箱の裏

箱の中には10個入りのシートが10枚入っていました。

クラビットの箱の中

箱の中にはこんなシートが10枚入っていました。

クラビットシート

>>クラビットジェネリックの購入先はこちら




つらい膀胱炎は抗生物質のクラビットで治しました。

女性なら1度は膀胱炎になったことがあるのではないでしょうか。

膀胱炎はとてもつらい病気の一つです。

また、きちんと治しておかないと大変危険でもあります。

私もこれまで何度か、膀胱炎になったことがあります。

比較的軽い時もあれば、重い時もありました。

膀胱炎になってしまったのではないかと感じた場合は、すぐに病院に行き、検査を受けて処方された薬を服用するのが一番だと思います。

しかし、今では市販の薬やサプリメントでも、膀胱炎の症状を抑える効果のあるものもあるようです。

私が膀胱炎になると、症状の重い、軽いは関係なくいつも処方されている薬は「クラビット」です。

かかりつけ以外の病院でも、同じものが処方されたことがあります。この「クラビット」を5日分服用します。

また、医者から念をおして言われるのが「膀胱炎の症状が改善されたと感じても、最後まで服用すること」です。

このクラビットをしっかり服用することによって、菌を排出させます。

このクラビットは、一回でも服用すると膀胱炎の症状が軽減されます。

一日分だけでもかなり楽になり、それまでの苦痛から解放されます。

その後2日、3日とどんどん回復し、うっかりするとクラビットを服用し忘れてしまいそうにもなります。

最後まで服用し、後日再検査をするとすっかり菌はなくなっています。

普段から膀胱炎にならないよう気を付けてはいますが、どうしてもなってしまった時は、このクラビットを服用するのが一番かと思っています。

何度も、膀胱炎になる方は、常備薬としてクラビットを持っておくといいと思います。

クラビットのジェネリック品が海外からの個人輸入で格安で購入できます。

ジェネリックのレボクイン250mgという医薬品なら100錠で2,952円(送料込み)で購入することができます。

膀胱炎の症状を少しでも感じたら、早めにクラビットを服用して、軽い膀胱炎のうちに治してしまうのがいいかと思います。
(東京都 もなさん)

>>レボクインの購入はこちら



細菌性の胃腸炎で使った抗生物質はクラビットでした。

私はつい最近、細菌性の胃腸炎にかかりました。

初めはただの風邪かと思って病院に行って診察してもらったところ、原因は分からないけど胃腸からくる風邪とのことで、「クラビット錠500mg」を処方されました。

胃ももちろんですが、腸がすごく弱ってしまって、ひどい下痢が一週間ほど続いていたので、毎日1回分を14日分処方されていたのでそれを毎日飲んでいました。

もう胃腸炎の症状が出て10日くらい経ちますが、大体8日間は毎晩飲んでいました。

今ではもうすっかりおなかの調子は良くなっています。

しかし、抗生剤にはおなかを下す、軟便になりやすいという副作用があり、胃腸の荒れやすいものです。

だから胃薬や整腸剤も合わせて服用するように言われました。

今思えば、熱はすぐ下がったのに下痢が一週間も続いたのはこの薬のせいだったのかもしれません。

ですが、私の場合あまりにも食欲がなく、ヨーグルト一つ食べる程度で薬を服用したから胃の粘膜が抗生剤に傷つけられてしまったのかもしれません。

注意してもらいたいのは、クラビットは一日何度も服用してはいけないということです。

大の大人でも大量に服用すれば必ず胃腸が荒れます。

どんなに胃腸の調子が悪くても、抗生剤なしには治らないのでやはり必要不可欠です。

ある程度の副作用は我慢して、できるだけおなかに優しいものを食べてからクラビット錠を服用すればいいかもしれません。

(広島県 A・Tさん)

>>クラビットの購入はこちらです。







腸の炎症にクラビットを合計10日飲んで治りました。

祝日の夕方から、右側の下腹部が痛くてたまらなくなった上に熱も出てきました。

休日なので、少し遠い夜間急病センターまで夫に車で連れていってもらいました。

センターでは、血液検査の結果、白血球の数が通常の2倍くらいになっており、腸に炎症が起きているのだろうという診断で、抗生物質のクラビット250mgを2錠だけもらいました。

帰宅後飲むと腹部の痛みが多少治まったような気がしましたが、それでも痛みと高熱で眠れぬ夜を過ごしました。

一夜明けて、近くのかかりつけの医院に行き、前日のことを説明して、診察を受けました。

先生は再び血液検査と腹部エコーをしてくださり、大腸憩室炎かもしれないという診断でした。

そして同じクラビットの500mgを1日1錠で5日分処方されたのです。

それを飲むと徐々に痛みが消え、熱も下がってきました。

処方された5日分を飲み終わるころにはほとんどよくなったと思っていました。

ところが、2日ほどおいて、再び痛みが復活し、微熱が出てきました。

それでもう一度医院に行き、今度はクラビット250mgを1日2錠でまた5日分出されました。

クラビットを合計10日間飲んだことになりますが、それでどうにか治ったと思います。

その後もしばらく軽い腹痛は続きましたが、白血球数が元に戻ったので、もう気にしないことでいることにしました。

>>格安のクラビットジェネリックの購入はこちら




感染性粉瘤(ふんりゅう)の治療にクラビットを処方されました。

わきの所に出来た感染性粉瘤(ふんりゅう)の溜まった膿を切開で出した後に皮膚科の病院で処方されました。

薄いオレンジ色の錠剤のクラビット錠500mgです。

薬局の受付で薬剤師さんが用意してくれた物を初めて見た時は、錠剤の大きさにびっくりしました。

膿を切開で出した後も炎症が残っていたので、患部の炎症の治まり具合を数日間隔の通院で様子を見ながら1日1回1錠を14日間ほど飲んでました。

病院に行った時は、化膿した部分の炎症がかなりひどかったので、1週間目だけでは、ぽっこり腫れあがった部分の炎症が引かずに2週間目の後半ぐらいで、ようやく、少し効果が出てくれました。

それでも、かなり強い炎症の時は、他の抗生物質よりもクラビット錠の方が早く抑えてくれるのでありがたいです。

炎症が落ち着いて腫れが引いても、また膿まないよう抑えるきる為に処方された分は飲みきる様にと、皮膚科の先生から指示されました。

副作用と言う点では、多少、下痢になったのとお腹がもやもやするような不快感みたいな物が少しだけありました。

それ以外は、特に目立った副作用はありませんでした。

強いて言うと錠剤が本当に大きくて、大人でも飲み込む時にのどに引っかかりかけたりと難儀しました。

(福岡県 ごまさばさん)

>>クラビットの購入はこちらです。




膀胱炎で抗生物質(クラビット)を飲んで治しました。

私は小さいころから膀胱炎になりやすくて、そのたびに病院に行ったりしました。

ちゃんと水分をとって、尿を出すようにしたのですが、それでも治らない場合は病院に行くことにしていました。

排尿痛があったり、残尿感もあったり、酷い時には血尿も出たことがあります。

私は病院に行ってみてもらうと、クラビットという抗生物質を処方されることが多かったです。

最初は抗生物質に抵抗がありましたが、薬を飲みきるまでは必ず飲み終えてくださいといつも説明がありました。

抗生物質はいつも五日分ほど処方されました。

このクラビットを内服するとだんだんと膀胱炎の症状も良くなってくるので、抗生物質は効果的な薬なんだなぁと思っていました。

抗生物質は細菌を殺す働きがあるので、膀胱炎の他にも感染症にかかったときにはよく処方される薬です。

私は特に副作用には悩まなかったのですが、たまに下痢になることもありました。

抗生物質を薬剤師からもらうときに副作用の説明はありました。

もっと酷い人だと、湿疹やかゆみのアレルギー反応が出てしまう人もいるそうです。

他にはめまい、頭痛、吐き気、嘔吐なども副作用にあるそうです。

薬の合う合わないは人によってあると思うので、何か不安なことがあったら医師に相談をするのがいいと思います。

私は他の病気でも何度も抗生物質を処方されて内服していますが、抗生物質はとても良く効くお薬だと思っています。

いろいろな方に、いろいろな症状に抗生物質は処方されると思いますが、安心して飲んでいいと思います。

抗生物質を飲むと症状も早く治りますし、体を休めると更によくなっていきます。

抗生物質を処方されたら、飲み忘れのないようにちゃんと飲みきって症状を少しでも早く治した方がいいと思います。

(茨城県、ゆきりんごさん)




急性膀胱炎をクラビットで治しました。

年度末でものすごく忙しい日々が続いた時に膀胱炎に罹ってしまいました。

最初は排尿時にしみるような痛みがするくらいだったので、片づけなければならない仕事も満載だったこともあり、我慢していました。

しかし、その日の夜には血尿が出て、膀胱におしっこを貯めるのを拒絶するかのような残尿感に襲われました。

その晩は一睡もできず、そのうち熱が出てきてしまい、自然治癒は諦めて職場近くの泌尿器科を受診しました。

初めての泌尿器科でしたが、検査後すぐに「膀胱炎だねぇ」と医師に言われ、熱も出ていたのでお尻に抗生物質を注射!

生まれて初めての泌尿器科で、これまた生まれて初めて尻に注射を打たれてしまいました。

何で腕じゃダメなの?

生き恥をさらしたものの、これで治るならと腹をくくりましたよ。

薬が処方されて、薬局に行くとクラビットと頓服の消炎鎮痛剤が処方されました。

クラビットはニューキロノン系の抗生物質なので、膀胱炎の原因のトップである大腸菌に良く効く薬です。

処方されたのは1日3回で5日分でした。

その代わり他の菌の場合はあまり効かないので、これを2~3日飲んで効果がなさそうならもう一度病院へ行くようにと言われました。

その日の昼からクラビットを飲み始めましたが、あの尻注射が効いたのか、熱や垂れ流し状態のおしっこの症状は昼過ぎには良くなりました。

薬を飲み始めてから2日目になると、膀胱への溜まりにくさは全く感じなくなり、排尿したときのしみる感じ位しか症状がなくなりました。

ただ、どの抗生物質を飲んでもお腹の調子が悪くなる私。

以前効果が穏やかな部類の抗生物質であるフロモックスでもお腹の調子が悪くなったので、クラビットはどうかなぁと思っていたのですが。

……案の定クラビットでもお腹の調子が悪くなってきました。

恐らく、腸内細菌が殺菌されてしまって腸内の細菌叢が変化してしまったからだろうなぁと思っています。

下痢はしないのですが、渋り腹というか、腸の中にガスが溜まっているような感じの割に、ガスも便がでないような症状です。

膀胱炎の方は3日目を過ぎたころには自覚症状がなくなりましたが、お腹の調子の悪さで体調はあまり良くありませんでした。

医師の言う通りきちんとクラビットは飲み切りましたが、お腹の調子は薬を飲み終えてから3~4日近く良くなりませんでした。

感染して増殖した細菌を抑えるための抗生物質なので、今回も飲まなかったらきっと敗血症で入院する羽目になっていたことを考えれば、飲まないという選択肢はありませんでした。

ただ、お腹の調子が悪くならないような抗生物質にいまだ出会ったことがないので、多分私の体質的にこういった薬が合わないのかもしれません。

ただクラビット自体は私の罹った膀胱炎にはとても良く効いたようです。

あまり病院に行くこともないので、抗生物質を飲む機会は年に1回あるかないかですが、お腹の調子が悪くなる副作用は、ヨーグルトや発酵食品をむしゃむしゃ食べて乗り切ろうと思います。

(新潟県 ななこさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ