「クラビット通販」タグの記事一覧

つらい膀胱炎は抗生物質のクラビットで治しました。

女性なら1度は膀胱炎になったことがあるのではないでしょうか。

膀胱炎はとてもつらい病気の一つです。

また、きちんと治しておかないと大変危険でもあります。

私もこれまで何度か、膀胱炎になったことがあります。

比較的軽い時もあれば、重い時もありました。

膀胱炎になってしまったのではないかと感じた場合は、すぐに病院に行き、検査を受けて処方された薬を服用するのが一番だと思います。

しかし、今では市販の薬やサプリメントでも、膀胱炎の症状を抑える効果のあるものもあるようです。

私が膀胱炎になると、症状の重い、軽いは関係なくいつも処方されている薬は「クラビット」です。

かかりつけ以外の病院でも、同じものが処方されたことがあります。この「クラビット」を5日分服用します。

また、医者から念をおして言われるのが「膀胱炎の症状が改善されたと感じても、最後まで服用すること」です。

このクラビットをしっかり服用することによって、菌を排出させます。

このクラビットは、一回でも服用すると膀胱炎の症状が軽減されます。

一日分だけでもかなり楽になり、それまでの苦痛から解放されます。

その後2日、3日とどんどん回復し、うっかりするとクラビットを服用し忘れてしまいそうにもなります。

最後まで服用し、後日再検査をするとすっかり菌はなくなっています。

普段から膀胱炎にならないよう気を付けてはいますが、どうしてもなってしまった時は、このクラビットを服用するのが一番かと思っています。

何度も、膀胱炎になる方は、常備薬としてクラビットを持っておくといいと思います。

クラビットのジェネリック品が海外からの個人輸入で格安で購入できます。

ジェネリックのレボクイン250mgという医薬品なら100錠で2,952円(送料込み)で購入することができます。

膀胱炎の症状を少しでも感じたら、早めにクラビットを服用して、軽い膀胱炎のうちに治してしまうのがいいかと思います。
(東京都 もなさん)

>>レボクインの購入はこちら



クラミジアにかかり抗生物質クラビットで完治しました。

以前クラミジアという性病にかかった時、クラビットという抗生物質を処方してもらって完治できたことがあります。

性病というと女遊びしすぎじゃ?って思われそうなんですが、実はクラミジアにかかるまで女性経験は当時交際3年目になる彼女だけで、他の女性は知らなかったんですが、クラミジアに感染しました。

感染経路は彼女の浮気相手からってことなんですが、浮気や女遊びをしていなくても性病に感染するので、エッチをする限りは他人事ではないっていう認識をもってもらえるといいと思います。

クラミジアにかかると、最初は男性器の痒みとオシッコをする時に変な感じがする、違和感(尿道に刺激を感じる程度で痛みはない)を感じましたが、この時はまさか自分が性病に感染してるなんて思わず、気のせいだろうと放置していました。

一週間ぐらいたつと、男性器を掻いてたからか包皮と玉が真っ赤に晴れ上がり、掻きすぎたせいか妙な汁(傷口に出るようなもの)が出るほどになりました。

オシッコする時の違和感も、この頃になると痛みに変化してきたので、最初は自然治癒するだろうと気にしてなかったのですが、さすがにこれは普通に治らない、どんどん悪化する一方だと気づいて泌尿器化で見てもらいました。

おそらく性病感染してるということで、血液検査をしてもらいました。

病名がハッキリしたのはその日ではなく三日後に再診してもらった時で、クラミジアだと教えてもらいました。

淋病ではないのはその場でわかったので(淋病はその場でチェックできるようでした)、おそらくクラミジアだとお医者様はわかっていたようなので、抗生物質のクラビットを2週間分と男性器に塗る塗り薬と痒み止めを処方してもらいました。

オシッコする時の痛みは初日からマシになるのはわかりましたし、三日目になると違和感程度まで収まり、一週間経過ぐらいにはなんら異常を感じられないほどになりました。

包皮の痒みは三日目まで酷い状態が続いたんですが、一度腫れが引き出すと治っていくのは早いもので、こちらも一週間ほどで元通りになってました。

塗り薬と痒み止めは一週間目で飲むのをやめ、抗生物質は2週間キチンと飲み続けないと菌が死滅しないと言われたので、キッチリ飲みきりました。

これでなんとかクラミジア菌は退治できたようで、無事完治しました。

もし抗生物質がなかったらどうなっていたんだろうって思いますし、ほんと助かりました。

(大阪府岸和田市 ペンネーム:チェストォさん)

>>クラビットはこちらから購入できます。




気管支炎を治すために抗生剤(クラビット)を服用しました。

風邪をこじらせて気管支の辺りに炎症が起きていそうな自覚症状あり。

「これはまずいかも。」と思って診療所を受診した時に抗生物質のクラビットを処方されたことがあります。

もっとも最初から処方されたわけではありません。

最初は弱めの抗菌剤を処方されたと記憶しています。

最初に処方された抗菌剤の名前は忘れました。

とにかく3日間言われた通りに飲んだものの咳や熱が治まりませんでした。

37度後半の発熱が続きました。

熱冷まシートを貼ったり、寝る時には水枕をしたりしました。

それでも効かない。

3日経って先生に診せに行きました。

その時に処方されたのがクラビットです。

いつも平静な先生の顔に微かな緊張が漂いました。

クラビットは強いお薬なんだなと思いました。

処方は1日3回、朝・昼・夕食後。

クラビットを1日飲んだら、しつこかった発熱が治まってきました。

37度に下がったのです。

翌日には平熱に戻りました。

咳が軽減するのは少し遅かったと記憶しています。

黄色い痰は3日目にも出ました。

でも、クラビットを飲み続けたら、明らかに痰の絡み具合は改善されました。

痰絡みの咳が減ったのです。

指示された通りにクラビットを3日間飲んでから、また受診しました。

熱は平熱に戻り、痰絡みの咳は減っていました。

クラビットの処方はそれで打ち切られました。

クラビットはとても強力な抗菌剤なのだという印象があります。

(熊本県 はなしのぶさん)

>>クラビットの通販サイトはこちら




大腸菌による膀胱炎にかかりクラビット500で治療しました。

私はコーヒーが大好きでよく飲みます。

しかし仕事中や車での移動中はトイレに行きにくいので、我慢していました。

そしてついにトイレを我慢しすぎたために膀胱炎になってしまいました。

膀胱炎は排尿するときに痛みを感じたり、尿が濁る病気です。

仕事の疲れからか、身体の免疫力が落ち、ついに膀胱炎になったようです。

(医者によると膀胱炎は風邪を引いているときに発症することがあるそうです。)

有給休暇を取得して、病院に行き、抗生物質(抗生剤)であるクラビット500を処方してもらいました。

それから医者には水分を多く摂るように言われました。

(ただし尿路が充血してしまうから、お酒は禁止です)

これは膀胱内の細菌を洗い流すことができるからだそうです。

膀胱炎は放置しておくと急性腎盂腎炎も発症してしまいますから、症状が出たらすぐに病院に行くべきです。

嬉しいことにクラビット500を服用してからたったの3日目で痛みは完全になくなりました。

しかし5日分処方されていたので、飲みきる必要があります。

抗生物質は用量、回数を守らなければなりません。

これは短期間で症状が無くなったとしても、まだ細菌は全滅していないからです。

細菌を倒しきっていないのに薬を途中で飲むのを止めてしまうと、倒されていない細菌、弱った細菌がその抗生物質を学習してしまい、次からは薬が効かなる「耐性菌」に変質してしまいます。

だからお医者さんは細菌を倒しきるために「薬はすべて飲みきってね」と言うのです。

これは自分のためでも、他人のためでもあります。

いざ細菌による病気になったときに、抗生物質が効かなければ、大変なことになります。

耐性菌をつくらないように、抗生物質はすべて飲みきりましょう。

いざというときのためにと抗生物質を使いきらずに残しておいてもほとんど意味はありません。

(抗生物質は大きく分けて6種類あるからです。

抗生物質は万能ではありませんから、勿体無いからと使わないで取っておいても他の病気には効きません。)

(兵庫県神戸市 田中優さん)

>>クラビット500はこちらからも購入できます。




クラミジアの治療のためにクラビットを服用しました

妻が婦人科検診を受けた際にクラミジアと診断され、特に私に自覚症状はありませんでしたが、妻がかかった医者の勧めで私も調べてみてもらったところクラミジアが確認され、クラビットの服用を行いました。

子供のころからちょっとアレルギー体質のため、副作用がでないか少し気になったのですが、服用したのは1-2週間もなかったと思いますが、その間まったく薬の副作用のようなものを経験することはありませんでした。

そもそもクラミジアに観戦していたと気づかないほどなにか症状に悩まされていたわけでもないので、薬を服用することで例えばかゆみなどがの症状が治まるということもまったく感じませんでした。

クラミジアの検査には尿検査をしたとおもいますが、検査結果が出るのに時間がかかりもしかしたら予想より長い期間薬を服用することになるかもしれないと告げられていましたが幸いにも予定通りの服用期間で治りました。

毎日服用しなくてはいけないのですが、たまに仕事で忙しく服用するのを忘れたこともしばしばあったのですが、大きな問題も起きず無事に直ったのでほっとしています。

総括すると服用において特に悩まされるようなことがおきなかったのですが、しいてあげるならばやはり性病科にかからなくてはいけないため、病院への出入りや薬局で薬を出してもらうのが非常に恥ずかしかった記憶があります。

物の本では服用することでアナフィラキシーショックなどのリスクもあるとあったのでどちらかというとそういった肉体的な副作用を心配していましたが、実際に悩まされてたのは恥ずかしいという心理的な問題でした。

(海外 ヒロアキさん)




細菌性の胃腸炎で使った抗生物質はクラビットでした。

私はつい最近、細菌性の胃腸炎にかかりました。

初めはただの風邪かと思って病院に行って診察してもらったところ、原因は分からないけど胃腸からくる風邪とのことで、「クラビット錠500mg」を処方されました。

胃ももちろんですが、腸がすごく弱ってしまって、ひどい下痢が一週間ほど続いていたので、毎日1回分を14日分処方されていたのでそれを毎日飲んでいました。

もう胃腸炎の症状が出て10日くらい経ちますが、大体8日間は毎晩飲んでいました。

今ではもうすっかりおなかの調子は良くなっています。

しかし、抗生剤にはおなかを下す、軟便になりやすいという副作用があり、胃腸の荒れやすいものです。

だから胃薬や整腸剤も合わせて服用するように言われました。

今思えば、熱はすぐ下がったのに下痢が一週間も続いたのはこの薬のせいだったのかもしれません。

ですが、私の場合あまりにも食欲がなく、ヨーグルト一つ食べる程度で薬を服用したから胃の粘膜が抗生剤に傷つけられてしまったのかもしれません。

注意してもらいたいのは、クラビットは一日何度も服用してはいけないということです。

大の大人でも大量に服用すれば必ず胃腸が荒れます。

どんなに胃腸の調子が悪くても、抗生剤なしには治らないのでやはり必要不可欠です。

ある程度の副作用は我慢して、できるだけおなかに優しいものを食べてからクラビット錠を服用すればいいかもしれません。

(広島県 A・Tさん)

>>クラビットの購入はこちらです。







腸の炎症にクラビットを合計10日飲んで治りました。

祝日の夕方から、右側の下腹部が痛くてたまらなくなった上に熱も出てきました。

休日なので、少し遠い夜間急病センターまで夫に車で連れていってもらいました。

センターでは、血液検査の結果、白血球の数が通常の2倍くらいになっており、腸に炎症が起きているのだろうという診断で、抗生物質のクラビット250mgを2錠だけもらいました。

帰宅後飲むと腹部の痛みが多少治まったような気がしましたが、それでも痛みと高熱で眠れぬ夜を過ごしました。

一夜明けて、近くのかかりつけの医院に行き、前日のことを説明して、診察を受けました。

先生は再び血液検査と腹部エコーをしてくださり、大腸憩室炎かもしれないという診断でした。

そして同じクラビットの500mgを1日1錠で5日分処方されたのです。

それを飲むと徐々に痛みが消え、熱も下がってきました。

処方された5日分を飲み終わるころにはほとんどよくなったと思っていました。

ところが、2日ほどおいて、再び痛みが復活し、微熱が出てきました。

それでもう一度医院に行き、今度はクラビット250mgを1日2錠でまた5日分出されました。

クラビットを合計10日間飲んだことになりますが、それでどうにか治ったと思います。

その後もしばらく軽い腹痛は続きましたが、白血球数が元に戻ったので、もう気にしないことでいることにしました。

>>格安のクラビットジェネリックの購入はこちら




膀胱炎の予防のためにDHCのクランベリーエキスを飲んでいます。

以前に一度膀胱炎になったことがあります。

その時は病院へ行ってクラビットという抗生物質を処方されました。

やっぱり泌尿器科の受診には抵抗がありましたが、背に腹はかえられないと思い、意を決して行きました。

病院の対応が悪かったというわけではないのですが、やっぱり恥ずかしい…ので二度と膀胱炎にはなりたくない!と思い、予防の意味をこめてDHCのクランベリーエキスを飲むようにしています。

飲んでいると、トイレに行ったあとの不快感はなく、スッキリするように感じます。

薬を飲むよりはサプリの方が体にもよさそうと思って、続けています。

ブルーベリーよりもポリフェノールや栄養素が優れている部分もあるらしく、肌もつやっとしてきたような気がしてうれしいです。

ベリー系の食べ物を摂取しようとすると、冷凍のものだったりジャムだったりすることが多いので、食べ過ぎるとカロリーが気になってしまいます。

サプリだと1日5粒くらいだったので、カロリーを気にせずいられます。

値段もそんなに高くないのでお財布にもやさしいですね。

膀胱炎は1度なるとくせになってしまうみたいなので、普段の生活も見直しながらクランベリーのサプリで予防していきたいと思います。

(埼玉県 ぬいさん)




感染性粉瘤(ふんりゅう)の治療にクラビットを処方されました。

わきの所に出来た感染性粉瘤(ふんりゅう)の溜まった膿を切開で出した後に皮膚科の病院で処方されました。

薄いオレンジ色の錠剤のクラビット錠500mgです。

薬局の受付で薬剤師さんが用意してくれた物を初めて見た時は、錠剤の大きさにびっくりしました。

膿を切開で出した後も炎症が残っていたので、患部の炎症の治まり具合を数日間隔の通院で様子を見ながら1日1回1錠を14日間ほど飲んでました。

病院に行った時は、化膿した部分の炎症がかなりひどかったので、1週間目だけでは、ぽっこり腫れあがった部分の炎症が引かずに2週間目の後半ぐらいで、ようやく、少し効果が出てくれました。

それでも、かなり強い炎症の時は、他の抗生物質よりもクラビット錠の方が早く抑えてくれるのでありがたいです。

炎症が落ち着いて腫れが引いても、また膿まないよう抑えるきる為に処方された分は飲みきる様にと、皮膚科の先生から指示されました。

副作用と言う点では、多少、下痢になったのとお腹がもやもやするような不快感みたいな物が少しだけありました。

それ以外は、特に目立った副作用はありませんでした。

強いて言うと錠剤が本当に大きくて、大人でも飲み込む時にのどに引っかかりかけたりと難儀しました。

(福岡県 ごまさばさん)

>>クラビットの購入はこちらです。




膀胱炎で抗生物質(クラビット)を飲んで治しました。

私は小さいころから膀胱炎になりやすくて、そのたびに病院に行ったりしました。

ちゃんと水分をとって、尿を出すようにしたのですが、それでも治らない場合は病院に行くことにしていました。

排尿痛があったり、残尿感もあったり、酷い時には血尿も出たことがあります。

私は病院に行ってみてもらうと、クラビットという抗生物質を処方されることが多かったです。

最初は抗生物質に抵抗がありましたが、薬を飲みきるまでは必ず飲み終えてくださいといつも説明がありました。

抗生物質はいつも五日分ほど処方されました。

このクラビットを内服するとだんだんと膀胱炎の症状も良くなってくるので、抗生物質は効果的な薬なんだなぁと思っていました。

抗生物質は細菌を殺す働きがあるので、膀胱炎の他にも感染症にかかったときにはよく処方される薬です。

私は特に副作用には悩まなかったのですが、たまに下痢になることもありました。

抗生物質を薬剤師からもらうときに副作用の説明はありました。

もっと酷い人だと、湿疹やかゆみのアレルギー反応が出てしまう人もいるそうです。

他にはめまい、頭痛、吐き気、嘔吐なども副作用にあるそうです。

薬の合う合わないは人によってあると思うので、何か不安なことがあったら医師に相談をするのがいいと思います。

私は他の病気でも何度も抗生物質を処方されて内服していますが、抗生物質はとても良く効くお薬だと思っています。

いろいろな方に、いろいろな症状に抗生物質は処方されると思いますが、安心して飲んでいいと思います。

抗生物質を飲むと症状も早く治りますし、体を休めると更によくなっていきます。

抗生物質を処方されたら、飲み忘れのないようにちゃんと飲みきって症状を少しでも早く治した方がいいと思います。

(茨城県、ゆきりんごさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ