「クラビット500」タグの記事一覧

大腸菌による膀胱炎にかかりクラビット500で治療しました。

私はコーヒーが大好きでよく飲みます。

しかし仕事中や車での移動中はトイレに行きにくいので、我慢していました。

そしてついにトイレを我慢しすぎたために膀胱炎になってしまいました。

膀胱炎は排尿するときに痛みを感じたり、尿が濁る病気です。

仕事の疲れからか、身体の免疫力が落ち、ついに膀胱炎になったようです。

(医者によると膀胱炎は風邪を引いているときに発症することがあるそうです。)

有給休暇を取得して、病院に行き、抗生物質(抗生剤)であるクラビット500を処方してもらいました。

それから医者には水分を多く摂るように言われました。

(ただし尿路が充血してしまうから、お酒は禁止です)

これは膀胱内の細菌を洗い流すことができるからだそうです。

膀胱炎は放置しておくと急性腎盂腎炎も発症してしまいますから、症状が出たらすぐに病院に行くべきです。

嬉しいことにクラビット500を服用してからたったの3日目で痛みは完全になくなりました。

しかし5日分処方されていたので、飲みきる必要があります。

抗生物質は用量、回数を守らなければなりません。

これは短期間で症状が無くなったとしても、まだ細菌は全滅していないからです。

細菌を倒しきっていないのに薬を途中で飲むのを止めてしまうと、倒されていない細菌、弱った細菌がその抗生物質を学習してしまい、次からは薬が効かなる「耐性菌」に変質してしまいます。

だからお医者さんは細菌を倒しきるために「薬はすべて飲みきってね」と言うのです。

これは自分のためでも、他人のためでもあります。

いざ細菌による病気になったときに、抗生物質が効かなければ、大変なことになります。

耐性菌をつくらないように、抗生物質はすべて飲みきりましょう。

いざというときのためにと抗生物質を使いきらずに残しておいてもほとんど意味はありません。

(抗生物質は大きく分けて6種類あるからです。

抗生物質は万能ではありませんから、勿体無いからと使わないで取っておいても他の病気には効きません。)

(兵庫県神戸市 田中優さん)

>>クラビット500はこちらからも購入できます。




クラビット500で膀胱炎の熱が下がりました

「膀胱炎です。それもかなり重症ですよ」

昨年冬、38度もの熱が出ました。

時期的にインフルエンザか?と思い駆け込んだ病院で、インフルエンザ検査と一緒に尿検査も受け、医者から言われた言葉が膀胱炎です。

まさか膀胱炎で熱が出るなんて。晴天の霹靂でした。

かなり重症と医者は言ってましたが、全く自覚症状がありませんでした。

よく聞く、下腹部の痛みもなく、トイレの時に痛いわけでもなく、残尿感もありません。

強いて言えば、寒くてトイレに行くのを我慢していたのと、汗をかかないので水分をあまり摂っていなかったことでしょうか。

膀胱炎と知らずに、安易に市販の解熱剤を飲まなくて良かったです。

知らず知らずに膀胱炎が悪化して、腎盂炎になったら大変ですから。

病院で処方されたのはクラビット500という薬です。

クラビットには殺菌作用があるのだそうで、5日分袋に入っていました。

1日1回飲めば良いそうです。

さっそくその日から、クラビットを飲み始めました。

膀胱炎の症状はなかったものの、意識して水分を取り、我慢せずにトイレに行くよう心がけました。

クラビットの副作用として、吐き気などがあるらしいですが、幸いなことに、そういう副作用の症状は出ませんでした。

膀胱炎の熱はあくる日には平熱に戻りました。

(富山県 さるさるさん)

>>クラビット500はこちらからも購入できます。




サブコンテンツ

このページの先頭へ