「クラミジア抗生物質」タグの記事一覧

クラミジアにかかり抗生物質クラビットで完治しました。

以前クラミジアという性病にかかった時、クラビットという抗生物質を処方してもらって完治できたことがあります。

性病というと女遊びしすぎじゃ?って思われそうなんですが、実はクラミジアにかかるまで女性経験は当時交際3年目になる彼女だけで、他の女性は知らなかったんですが、クラミジアに感染しました。

感染経路は彼女の浮気相手からってことなんですが、浮気や女遊びをしていなくても性病に感染するので、エッチをする限りは他人事ではないっていう認識をもってもらえるといいと思います。

クラミジアにかかると、最初は男性器の痒みとオシッコをする時に変な感じがする、違和感(尿道に刺激を感じる程度で痛みはない)を感じましたが、この時はまさか自分が性病に感染してるなんて思わず、気のせいだろうと放置していました。

一週間ぐらいたつと、男性器を掻いてたからか包皮と玉が真っ赤に晴れ上がり、掻きすぎたせいか妙な汁(傷口に出るようなもの)が出るほどになりました。

オシッコする時の違和感も、この頃になると痛みに変化してきたので、最初は自然治癒するだろうと気にしてなかったのですが、さすがにこれは普通に治らない、どんどん悪化する一方だと気づいて泌尿器化で見てもらいました。

おそらく性病感染してるということで、血液検査をしてもらいました。

病名がハッキリしたのはその日ではなく三日後に再診してもらった時で、クラミジアだと教えてもらいました。

淋病ではないのはその場でわかったので(淋病はその場でチェックできるようでした)、おそらくクラミジアだとお医者様はわかっていたようなので、抗生物質のクラビットを2週間分と男性器に塗る塗り薬と痒み止めを処方してもらいました。

オシッコする時の痛みは初日からマシになるのはわかりましたし、三日目になると違和感程度まで収まり、一週間経過ぐらいにはなんら異常を感じられないほどになりました。

包皮の痒みは三日目まで酷い状態が続いたんですが、一度腫れが引き出すと治っていくのは早いもので、こちらも一週間ほどで元通りになってました。

塗り薬と痒み止めは一週間目で飲むのをやめ、抗生物質は2週間キチンと飲み続けないと菌が死滅しないと言われたので、キッチリ飲みきりました。

これでなんとかクラミジア菌は退治できたようで、無事完治しました。

もし抗生物質がなかったらどうなっていたんだろうって思いますし、ほんと助かりました。

(大阪府岸和田市 ペンネーム:チェストォさん)

>>クラビットはこちらから購入できます。




サブコンテンツ

このページの先頭へ