「クラリスロマイシン市販」タグの記事一覧

クラリスロマイシンはこちらの通販サイトで購入することができます。

クラリスロマイシンは空詩堂という通販サイトで購入することができます。

空詩堂
サイトURL:https://www.sorashido.com/

商品外観:

商品名: クラリスロマイシン錠200mg「サワイ」:10錠×2シート(20錠)
販売価格:2,790円(送料込、消費税なし)
在庫場所 シンガポール
製造元:沢井製薬 株式会社
販売元:沢井製薬 株式会社

>>クラリスロマイシンの購入はこちら




クラリスロマイシンでつらい副鼻腔炎の症状が回復しました。

私は40歳の主婦です。

今から5年ほど前に、副鼻腔炎になりました。

それまでも、毎年春になると花粉症で鼻水が止まらないことがあったので、特に気にもしていませんでしたが、いつもなら透明でさらさらした鼻水のはずが、そのときは黄緑色をしていて粘り毛もあり、なんだかいつもの花粉症とは違うと気づきました。

その後、歯が痛くなったので、歯医者で診てもらったところ特に虫歯などもなく副鼻腔炎でも歯が痛く感じることもあるということを教えてもらい、耳鼻科を受診することにしました。

耳鼻科で症状を説明した後、レントゲンを撮ってもらうと、左側の鼻腔が真っ白に映っていて、副鼻腔炎だと診断されました。

鼻と副鼻腔は粘膜でつながっていて、空気が入っているのが正常ですが、風邪や鼻炎が悪化して炎症が副鼻腔の粘膜まで起こったものが、副鼻腔炎となります。

私の場合も、花粉症で悪化した炎症が、副鼻腔にまで広がったようです。

1ヶ月程度通院して適切な治療を行うことで改善しますが、途中で治療を中止してしまうと、慢性の蓄膿症になってしまうので、きちんと治療を続けることが大事だと言われました。

この時、処方されたのが、抗生物質のクラリスロマイシンで、鼻の粘膜から粘液の過剰分泌を抑制し、アレルギーを起こす物質を抑える作用もあるということでした。

クラリスロマイシンは、菌を攻撃する抗生物質ですから、菌が原因で起きた副鼻腔炎にも効果的です。

クラリスロマイシンを服用してから、つらかった鼻水の量が減少していきました。

特に、寝ている時に鼻水が喉に流れて、痰になっていたため、夜中に何度も目が覚めていましたが、痰がからむことも少なくなり、睡眠不足も解消されました。

クラリスロマイシンを服用してからすぐに効果が現れたので、途中でもうクラリスロマイシンを飲まなくても良さそうな気がしていましたが、きちんと飲みきらないと再発するということを聞いていたので、きちんと飲みきりました。

(大阪府 もこままさん)




副鼻腔炎になってり、クラリスロマイシンと塩化リゾチームを服用しました。

2ヶ月前に鼻風邪をひいてしまい、そのうち治るだろうと薬も飲まずに頑張っていました。

2週間経ってもなかなか改善せず、黄色い色のついた鼻水や鼻水がのどの方へ落ちて痰のように絡む感じかしていました。

市販の鼻炎薬などで、なんとか誤魔化していたのですが、一向に治る気配はなく、それどころかどんどん症状が悪くなるいっぽうでした。

なかなか仕事が忙しい時期でもあって、そんな調子で病院にも行けず市販薬の飲んでは対処療法みたいな感じですごしていました。

そうしたら、落ちたものを拾うときや靴を履くときに下を向くと、頬のあたりやおでこのあたりがずっしり重く痛みが出てきました。

頬のあたりは外見ではあまり左右の差がなかったのですが、腫れている感じもしました。

そこで、もうこれは耳鼻咽喉科に行くしかないと思い、受診しました。

耳鼻咽喉科では、鼻のレントゲン写真を撮りました。

レントゲン写真で、すっかり右の頬の副鼻腔が真っ白になっていると言われ、右の副鼻腔炎ですと言われました。

副鼻腔炎は風邪や発熱などと違って、完治まで時間がかかりますと言われ、内服薬を1ヶ月分処方してもらいました。

本当はそんなに長く処方してもらえないらしいのですが、わたしがどうしても仕事が忙しくなかなか受信できないと伝えたところ、特に薬などの禁忌もないということで1ヶ月分で処方してくださいました。

抗生剤のクラリスロマイシンと塩化リゾチームを症状が消えるまで飲んでくださいと言われました。

最初、飲むとすぐに頭痛と頬のあたりの痛みは消えました。

飲んで1週間たったころには、頭の重い感じはすっかり消えました。

ちょうどその頃に黄色い鼻水が色のない半透明な鼻水2週間かわりました。

1ヶ月分飲みきり、またレントゲンを撮ってもらったのですが、初診時よりはだいぶ良いがまだ膿があるとのことで、また1ヶ月分のお薬をもらいました。

クラリスロマイシンはお腹を壊すことも、カンジタになることもなく、飲んでいて特に問題はありませんでした。

そして、3ヶ月くらいはのみつづけてもいい薬という事もおっしゃっていただき、安心して飲んでいます。

かなり鼻の調子は戻ってきていますが、しっかりと治したいのでまた服用中です。

(岩手県盛岡市 佐藤裕子さん)

>>クラリスロマイシンはこちらかも購入できます。




風邪で辛いときは我慢せずに抗生物質(アジスロマイシンやクラリスロマイシン)で対応しています。

とにかく一年中風邪をひく我が娘。

そして、その都度、娘の風邪をキッチリもらってしまう、ひ弱な私。

軽い風邪ですむ時もありますが、娘からもらう風邪は菌が強烈なのでしょうか、咳がひどくなることが多々あります。

以前も喉の痛みから始まり、その後、空咳がひどくなったことがありました。

こうなると市販の風邪薬ではどうにもなりませんので、すぐさまかかりつけの内科に受診しました。

普段は発熱しないとむやみに抗生剤を出さない内科の先生も、あまりの咳のひどさに抗生剤を処方して下さいました。

抗生剤には様々な種類がありますが、一番最初に出されたのは「アジスロマイシン」という抗生剤でした。

「アジスロマイシン」というと聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、ジスロマックのジェネリック版と言えばわかりやすいでしょうか。

この「アジスロマイシン(ジスロマックジェネリック)」は、マイコプラズマ肺炎やインフルエンザにも効果を発揮すると言われている、少し強めの抗生剤です。

そしてこのアジスロマイシンの一番の特徴は、1日1回の3日間服用するだけで効果が一週間続くという点であり、副作用も少ない安全な薬と言われています。

しかし、最近は抗生物質が効かない細菌が増えているからなのか、アジスロマイシンの効果があまりなかったため、「クラリスロマイシン」という抗生物質に変更してもらいました。

このクラリスロマイシンというお薬も、アジスロマイシン同様、様々な細菌感染症を治療する抗生物質であり、クラリスのジェネリック版のお薬です。

そして、このクラリスロマイシンは咳の風邪に有効だといわれていることもあり、先生がこの抗生物質に変更して下さったのだと思います。

その結果、咳が治まってきてとても楽になりました。

しかし、1週間ほどの服用でクラリスロマイシンをストップしたところ、再び咳が出てきてしまったため、更に1週間ほどお薬を追加して頂きました。

そうして、私の風邪は完璧に完治したのです。

抗生物質と聞くと、お薬を飲みなれていない方は不安に思うかもしれませんが、今は医学も進歩を続けていますし、安全な抗生物質もたくさんあります。

病院に受診して抗生物質を処方された場合は、病院の先生と薬局の薬剤師さんもお薬をチェックしていますので、安心して服用してください。

また抗生物質の注意点ですが、ご自身の判断で服用をストップすることは絶対に避けて下さい。

薬剤師さんにも良く言われることですが、病気の再発や完治に悪影響を及ぼさないためにも、抗生物質は必ず決められた回数をきちんと飲み切るようにして下さいね。

(神奈川県、横浜市、みこみこママさん)

>>アジスロマイシンの購入はこちら

>>クラリスロマイシンの購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ