「膀胱炎クラビット」タグの記事一覧

つらい膀胱炎は抗生物質のクラビットで治しました。

女性なら1度は膀胱炎になったことがあるのではないでしょうか。

膀胱炎はとてもつらい病気の一つです。

また、きちんと治しておかないと大変危険でもあります。

私もこれまで何度か、膀胱炎になったことがあります。

比較的軽い時もあれば、重い時もありました。

膀胱炎になってしまったのではないかと感じた場合は、すぐに病院に行き、検査を受けて処方された薬を服用するのが一番だと思います。

しかし、今では市販の薬やサプリメントでも、膀胱炎の症状を抑える効果のあるものもあるようです。

私が膀胱炎になると、症状の重い、軽いは関係なくいつも処方されている薬は「クラビット」です。

かかりつけ以外の病院でも、同じものが処方されたことがあります。この「クラビット」を5日分服用します。

また、医者から念をおして言われるのが「膀胱炎の症状が改善されたと感じても、最後まで服用すること」です。

このクラビットをしっかり服用することによって、菌を排出させます。

このクラビットは、一回でも服用すると膀胱炎の症状が軽減されます。

一日分だけでもかなり楽になり、それまでの苦痛から解放されます。

その後2日、3日とどんどん回復し、うっかりするとクラビットを服用し忘れてしまいそうにもなります。

最後まで服用し、後日再検査をするとすっかり菌はなくなっています。

普段から膀胱炎にならないよう気を付けてはいますが、どうしてもなってしまった時は、このクラビットを服用するのが一番かと思っています。

何度も、膀胱炎になる方は、常備薬としてクラビットを持っておくといいと思います。

クラビットのジェネリック品が海外からの個人輸入で格安で購入できます。

ジェネリックのレボクイン250mgという医薬品なら100錠で2,952円(送料込み)で購入することができます。

膀胱炎の症状を少しでも感じたら、早めにクラビットを服用して、軽い膀胱炎のうちに治してしまうのがいいかと思います。
(東京都 もなさん)

>>レボクインの購入はこちら



排尿中にムズムズ。尿道に違和感を感じて、膀胱炎かなと思ったらクラビットを処方してもらっています。

わたしは看護師をしていました。

病棟の勤務はとても忙しく、入院や退院が重なると休憩をとることもできないほどです。

トイレに行きたいなと思ってもそのタイミングでナースコールが鳴ったりして、トイレに行くタイミングを逃すことがあるほどでした。

そんな時に必ずなるのが膀胱炎です。

私にとっては膀胱炎は職業病といってもいいほどでした。

もうなるとわかるのです。

はじめにトイレにいってなんだが排尿中にムズムズして、違和感を感じます。

そして排尿の最後に痛みがくる、そして残尿感があるという症状があるとこれはもう確実に膀胱炎です。

それ以上になると今度は血尿が出てしまうことも分かっていたので、私は、いつも膀胱炎症状があると病院を早めに訪れ、クラビットを処方を受けていました。

その点では病院で働いているとすぐに処方を受けることができたので、良かったですね。

クラビットは病院でもよく用いられる薬ですし、私もよく効く薬なので愛用しています。

膀胱炎かなと思った時点で飲み始めると、症状がひどくならないうちに症状が改善するのでとても助かっています。

あとは水分をしっかりとって綺麗な排尿を心掛けるだけです。

ただこの薬は少し高いなという印象があります。

3割負担の費用なので支払うことはできますが、ジェネリック医薬品やほかの抗菌剤に比べても、少し高いなという印象があります。

でもよく効く薬ですし、体質にも合っていると思うので、薬を変えるつもりはありません。

膀胱炎にはやはりクラビットを内服してきたいと思っています。

(マレーシア、ひろさん)

>>クラビットはこちらから購入できます。




膀胱炎で抗生物質(クラビット)を飲んで治しました。

私は小さいころから膀胱炎になりやすくて、そのたびに病院に行ったりしました。

ちゃんと水分をとって、尿を出すようにしたのですが、それでも治らない場合は病院に行くことにしていました。

排尿痛があったり、残尿感もあったり、酷い時には血尿も出たことがあります。

私は病院に行ってみてもらうと、クラビットという抗生物質を処方されることが多かったです。

最初は抗生物質に抵抗がありましたが、薬を飲みきるまでは必ず飲み終えてくださいといつも説明がありました。

抗生物質はいつも五日分ほど処方されました。

このクラビットを内服するとだんだんと膀胱炎の症状も良くなってくるので、抗生物質は効果的な薬なんだなぁと思っていました。

抗生物質は細菌を殺す働きがあるので、膀胱炎の他にも感染症にかかったときにはよく処方される薬です。

私は特に副作用には悩まなかったのですが、たまに下痢になることもありました。

抗生物質を薬剤師からもらうときに副作用の説明はありました。

もっと酷い人だと、湿疹やかゆみのアレルギー反応が出てしまう人もいるそうです。

他にはめまい、頭痛、吐き気、嘔吐なども副作用にあるそうです。

薬の合う合わないは人によってあると思うので、何か不安なことがあったら医師に相談をするのがいいと思います。

私は他の病気でも何度も抗生物質を処方されて内服していますが、抗生物質はとても良く効くお薬だと思っています。

いろいろな方に、いろいろな症状に抗生物質は処方されると思いますが、安心して飲んでいいと思います。

抗生物質を飲むと症状も早く治りますし、体を休めると更によくなっていきます。

抗生物質を処方されたら、飲み忘れのないようにちゃんと飲みきって症状を少しでも早く治した方がいいと思います。

(茨城県、ゆきりんごさん)




抗生物質で排尿痛と残尿感がきつい膀胱炎を治療しました。

私が膀胱炎にかかった時の話です。

トイレに何回行っても、また行きたくなる症状がでました。

その時は、まだなんかおかしいなぁと思っていたくらいです。

しかしその後すぐに、排尿痛と残尿感がきつくなったきました。

これはもう絶対に、病院に行かなければならないと思いました。

特に排尿痛が辛かったです。

内科で症状を話すと、直ぐに尿検査をしました。

膀胱炎とのことで、抗生物質を服用することになりました。

クラビット500という抗生物質を、5日間服用するようにとのことでした。

飲み始めて、3日後には完全に膀胱炎の症状は改善されていました。

あんなに辛かった、排尿痛もありません。

残尿感もありませんし、1日に何回も何回もトイレに行くこともなくなりました。

すごく下腹も軽くなったように思いました。

もうこれは完治したので、抗生物質も飲まなくてもいいのではないかと思いました。

しかし病院の先生からも薬剤師さんからも、「治ったと思っても絶対に途中で服用を辞めずに最後まで飲み切ってください。」と言われていましたので

5日間きっちりと飲み切りました。

そして完全に膀胱炎を治すことができました。

会社の先輩は「膀胱炎を自力で治す」と言って病院に行きませんでした。

その結果、腎盂腎炎になってしまいました。

病状もかなり進行していたようで、とても大変そうでした。

そのことを知っていたので、私は直ぐに内科を受診しました。

私は早急に受診し、適切なお薬を服用したので直ぐに治りました。

膀胱炎なら、抗生物質でほとんどが直ぐに良くなると聞きました。

先輩のように抗生物質を飲むのが嫌だからと、お水をたくさん飲んだりして自力で治すと言うのはとても危険だと思います。

抗生物質は、きちんと服用すれば何も怖くないと思います。

(京都市 azuさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ