「膀胱炎薬クラビット」タグの記事一覧

つらい膀胱炎は抗生物質のクラビットで治しました。

女性なら1度は膀胱炎になったことがあるのではないでしょうか。

膀胱炎はとてもつらい病気の一つです。

また、きちんと治しておかないと大変危険でもあります。

私もこれまで何度か、膀胱炎になったことがあります。

比較的軽い時もあれば、重い時もありました。

膀胱炎になってしまったのではないかと感じた場合は、すぐに病院に行き、検査を受けて処方された薬を服用するのが一番だと思います。

しかし、今では市販の薬やサプリメントでも、膀胱炎の症状を抑える効果のあるものもあるようです。

私が膀胱炎になると、症状の重い、軽いは関係なくいつも処方されている薬は「クラビット」です。

かかりつけ以外の病院でも、同じものが処方されたことがあります。この「クラビット」を5日分服用します。

また、医者から念をおして言われるのが「膀胱炎の症状が改善されたと感じても、最後まで服用すること」です。

このクラビットをしっかり服用することによって、菌を排出させます。

このクラビットは、一回でも服用すると膀胱炎の症状が軽減されます。

一日分だけでもかなり楽になり、それまでの苦痛から解放されます。

その後2日、3日とどんどん回復し、うっかりするとクラビットを服用し忘れてしまいそうにもなります。

最後まで服用し、後日再検査をするとすっかり菌はなくなっています。

普段から膀胱炎にならないよう気を付けてはいますが、どうしてもなってしまった時は、このクラビットを服用するのが一番かと思っています。

何度も、膀胱炎になる方は、常備薬としてクラビットを持っておくといいと思います。

クラビットのジェネリック品が海外からの個人輸入で格安で購入できます。

ジェネリックのレボクイン250mgという医薬品なら100錠で2,952円(送料込み)で購入することができます。

膀胱炎の症状を少しでも感じたら、早めにクラビットを服用して、軽い膀胱炎のうちに治してしまうのがいいかと思います。
(東京都 もなさん)

>>レボクインの購入はこちら



軽い膀胱炎治療にクラビット錠が効きました。

私は第三子を妊娠してから膀胱炎になりやすくなりました。

ある時に下腹部痛を感じ、下腹部だからと思い婦人科で診察を受けると軽い膀胱炎だと診断され、抗生物質を飲むように言われました。

軽いものだから一日一回昼食後に服用するクラビット錠500mgを二日分で効果があるだろうということで病院でお薬をもらいました。

薬について自宅のパソコンで調べてみると色々と怖いことも書いていましたが、病院で頂いたのだから大丈夫だろうとさっそく頂いた薬を服用しましたが、一日目はさほど効果を感じませんでした。

鈍痛は続き、本当に二日分だけで完治するのか不安でしたが、二日目にはすっかり鈍痛は治まっていました。

抗生物質は症状がなくなっても出された分きちんと飲まないといけないと聞いていたので、二日目も抗生物質を服用しました。

膀胱炎といっても私が感じる症状は腹痛だけだったので、二日目からはもうすっかり普通通りでした。

本当に軽いものだったようです。

一応薬剤師の方からの説明で副作用についてきいていましたが、副作用はとくにありませんでした。

それからもトイレを我慢したりするとまた同じ症状に悩まされ病院に行くことになり抗生物質を服用してきましたが、すぐに症状は良くなるし副作用もないので特に不満もありません。

(東京都 さやかさん)

>>クラビットはこちらから購入できます。




膀胱炎の予防のためにDHCのクランベリーエキスを飲んでいます。

以前に一度膀胱炎になったことがあります。

その時は病院へ行ってクラビットという抗生物質を処方されました。

やっぱり泌尿器科の受診には抵抗がありましたが、背に腹はかえられないと思い、意を決して行きました。

病院の対応が悪かったというわけではないのですが、やっぱり恥ずかしい…ので二度と膀胱炎にはなりたくない!と思い、予防の意味をこめてDHCのクランベリーエキスを飲むようにしています。

飲んでいると、トイレに行ったあとの不快感はなく、スッキリするように感じます。

薬を飲むよりはサプリの方が体にもよさそうと思って、続けています。

ブルーベリーよりもポリフェノールや栄養素が優れている部分もあるらしく、肌もつやっとしてきたような気がしてうれしいです。

ベリー系の食べ物を摂取しようとすると、冷凍のものだったりジャムだったりすることが多いので、食べ過ぎるとカロリーが気になってしまいます。

サプリだと1日5粒くらいだったので、カロリーを気にせずいられます。

値段もそんなに高くないのでお財布にもやさしいですね。

膀胱炎は1度なるとくせになってしまうみたいなので、普段の生活も見直しながらクランベリーのサプリで予防していきたいと思います。

(埼玉県 ぬいさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ